何もかもが滑稽

何もかもが滑稽

映画、漫画、アニメなどが好きで、その事についての感想、思ったことなどを書いています。 それ以外の事も時々書きます。

スリラー

映画「MEN 同じ顔の男たち」感想 地獄のおじさんマトリョーシカ

どうもきいつです ホラー映画「MEN 同じ顔の男たち」観ました とある田舎町を訪れた女性が同じ顔の男たちと遭遇し奇妙な現象に見舞われるホラー作品夫の死を目撃したトラウマと目の前に現れる同じ顔の男たち恐怖に対峙する女性の姿が描かれます 監督は「エク…

映画「ドント・ウォーリー・ダーリン」感想 らしさに囚われる男たちには哀れみすら感じる

どうもきいつです サスペンス映画「ドント・ウォーリー・ダーリン」観ました 完璧な生活が保証されている街を舞台に理想的な生活を送る女性の周囲で起きる不可解な現象が描かれます 監督は「ブックスマート 卒業前夜のパーティーデビュー」で長編初監督を務…

映画「LAMB/ラム」感想 意外とほのぼの そして不穏

どうもきいつです ホラー映画「LAMB/ラム」観ました アイスランドの田舎で暮らす羊飼い夫婦が羊から生まれた羊ではない何かを育てる姿を描いたスリラー 監督は本作が長編初監督のバルディミール・ヨハンソン主演はノオミ・ラパスで製作総指揮も務めています …

映画「シーフォーミー」感想 主人公が最低すぎて最後まで好きになれない

どうもきいつです スリラー映画「シーフォーミー」観ました 視覚障害者の少女が強盗に巻き込まれ視覚障害サポートアプリを利用して強盗集団に立ち向かう新感覚スリラーカナダの作品です 監督はランドール・オキタ主演を務めるのは実際に視覚障害者でもあるス…

映画「NOPE/ノープ」感想 これはもはや怪獣映画

どうもきいつです ホラー映画「NOPE/ノープ」観ました 広大な田舎町の空に現れた謎の飛行物体をめぐるスリラー飛行物体の撮影を試みる兄妹の運命が描かれます 監督は「ゲット・アウト」「アス」などのジョーダン・ピール出演するのはダニエル・カルーヤ、キ…

映画「ブラック・フォン」感想 脱出サスペンスとオカルト要素の組み合わせ そしてジュブナイル

どうもきいつです ホラー映画「ブラック・フォン」観ました ジョー・ヒルの短編小説「黒電話」を映画化した作品誘拐犯により密室に監禁された少年が黒電話から聞こえる謎の声に導かれ脱出を試みるサイコスリラー 「ゲット・アウト」などのジェイソン・ブラム…

映画「TITANE チタン」感想 発想が変態 そして愛

どうもきいつです スリラー映画「TITANE チタン」観ました 頭にチタンを埋め込まれた女性がたどる数奇な運命を描いた異色のスリラー第47回カンヌ国際映画でパルムドールに輝いたフランスの作品です 監督は「RAW 少女のめざめ」のジュリア・デュクルノーが務…

映画「ナイトメア・アリー」感想 まさに悪夢

どうもきいつです サスペンス映画「ナイトメア・アリー」観ました1946年に出版された小説「ナイトメア・アリー 悪夢小路」を原作にしたサスペンススリラーショービジネス界での成功を目指す野心家の男の運命が描かれます 監督は「シェイプ・オブ・ウォーター…

映画「アンテベラム」感想 1つの仕掛け一点張りの映画

どうもきいつです スリラー映画「アンテベラム」観ました 境遇の違う2人の女性の姿が同時に描かれるスリラー映画社会学者として華やかな日々を送る女性と黒人奴隷として辛い日々を送る女性の運命が交錯していきます 「ゲット・アウト」などのプロデューサー…

映画「マリグナント 狂暴な悪夢」感想 スピード感溢れるエンタメホラー

どうもきいつです ホラー映画「マリグナント 狂暴な悪夢」観ました 殺人鬼の犯行現場を目撃するという悪夢に悩まされる女性の姿を描いたホラーやがて悪夢の正体が明らかになっていきます 「ソウ」「死霊館」シリーズなど数々のホラーを手掛けるジェームズ・…

映画「マーターズ」感想 どういう気持ちで観ればいいのかわからなくなる

どうもきいつです ホラー映画「マーターズ」観ました 幼い頃に受けた虐待がトラウマとなった女性と彼女を支える親友の2人の運命を描いたスプラッターホラー2008年フランスとカナダの作品です 監督を務めるのはパスカル・ロジェ あらすじ何者かに拉致監禁され…

映画「CUBE 一度入ったら、最後」感想 邦画の駄目なところを煮詰めた感じ

どうもきいつです スリラー映画「CUBE 一度入ったら、最後」観ました ヴィンチェンゾ・ナタリが手掛けた1997年の密室スリラー「CUBE」を日本でリメイクした作品立方体の部屋が繋がる空間に閉じ込められた男女6人が命がけで脱出に挑む姿が描かれます 監督は「…

映画「殺人鬼から逃げる夜」感想 スリルがあってハラハラする みんな無能すぎるけど

どうもきいつです スリラー映画「殺人鬼から逃げる夜」観ました 耳の不自由な主人公が連続殺人犯に追い回される夜を描いた韓国のスリラー映画聴覚障害者の女性が殺人現場を目撃し恐怖に見舞われていきます 監督・脚本は本作がデビューとなるクォン・オスン出…

映画「整形水」感想 人間は見た目より中身が大事

どうもきいつです アニメ映画「整形水」観ました オムニバスコミック「奇々怪々」の1編をアニメ映画化した韓国の作品美しくなりたいという人間の欲望と狂気を描いたサイコホラー外見にコンプレックスを抱く主人公が“整形水”を使い美貌を手に入れます 監督を…

映画「スピーシーズ 種の起源」感想 エロ、グロ、美女の最高映画

どうもきいつです SFホラー映画「スピーシーズ 種の起源」観ました DNA操作実験により生まれた新たな種の恐怖を描いた1995年のSFホラー宇宙からの情報を基に作り出された生命体と人類との壮絶な戦いが繰り広げられます 監督を務めるのはロジャー・ドナルドソ…

映画「オールド」感想 設定はすごく面白い ちょっと雑だけど

どうもきいつです スリラー映画「オールド」観ました バカンスで秘境のビーチに訪れた一家が急速な老化現象に追い込まれていサバイバルスリラー脱出も不可能な異常な事態に人々が極限状態に陥っていきます 監督は「シックス・センス」などのM・ナイト・シャ…

映画「ドント・ブリーズ2」感想 相変わらず面白い そりゃ犬を殺せば痛い目を見るよ

どうもきいつです スリラー映画「ドント・ブリーズ2」観ました 盲目の老人の家に忍び込んだ若者たちが思いがけない反撃に遭う恐怖を描いた「ドント・ブリーズ」の続編前作から8年後を舞台に少女と平穏に暮らす老人の前に謎の集団が現れます 製作はサム・ライ…

映画「砕け散るところを見せてあげる」感想 最終的にはよくわからんポエムみたいな映画

どうもきいつです 青春映画「砕け散るところを見せてあげる」観ました 竹宮ゆゆこによる同名小説を実写映画化した作品正義感の強い男子高校性といじめを受ける女子高校生の交流を描いた青春ドラマ 監督は「うさぎドロップ」などのSABU出演するのは中川大志、…

映画「サークル」感想 これは面白いのか? 面白くないのか?

どうもきいつです スリラー映画「サークル」観ました 謎の空間に集められた老若男女の命がけの駆け引きを描いた2015年のスリラー映画 監督を務めるのはアーロン・ハンとマリオ・ミシオーネ あらすじ目を覚ますと見知らぬ人たちが集められた謎の空間だったそ…

映画「屋敷女」感想 ショッキング… その一言

どうもきいつです ホラー映画「屋敷女」観ました 出産を間近に控えた妊婦と彼女に襲いかかる謎の女との攻防を描いた2007年フランスのサイコホラー映画日本での公開時にはカットや修正が余儀なくされましたが新たにノーカット完全版が公開されました 初監督作…

映画「マザー!」感想 目まぐるしく変化する世界に引き込まれる

どうもきいつです スリラー映画「マザー!」観ました 郊外に住む夫婦の身に巻き起こる異常な出来事を描いたスリラー2018年に日本でも公開される予定だったが公開中止となった作品 「ブラック・スワン」などのダーレン・アロノフスキーが監督を務め「世界にひ…

映画「プロミシング・ヤング・ウーマン」感想 一面だけを鵜呑みにするとこじらせそう

どうもきいつです スリラー映画「プロミシング・ヤング・ウーマン 」観ました 明るい未来を約束された女性がとある出来事をきっかけに男性への復讐を企てる姿を描いたサスペンススリラー ドラマシリーズ「ザ・クラウン」で知られる女優エメラルド・フェネル…

映画「バクラウ 地図から消された村」感想 独特で掴み所がない映画 つまらなくはないけど

どうもきいつです スリラー?映画「バクラウ 地図から消された村」観ました 村の長老の死後から不可解な出来事が起き始める村を描いたスリラー第72回カンヌ国際映画祭で審査員賞を受賞した作品 監督は「アクエリアス」で注目を集めたブラジルのクレベール・…

映画「RUN/ラン」感想 逃げたくても逃げれない恐怖

どうもきいつです スリラー映画「RUN/ラン」観ました 車椅子生活を余儀なくされる娘とその娘を溺愛する母親の狂気を描いたサイコスリラー母親に監視され自由の無い環境の中娘が母親から逃れようと奮闘します 監督は「search/サーチ」などのアニーシュ・チャ…

映画「キャラクター」感想 はりつめた緊張感にハラハラさせられる

どうもきいつです サスペンス映画「キャラクター」観ました 売れない漫画家が偶然目撃した猟奇殺人犯をモデルに漫画を描きそれにより運命が翻弄されていく姿を描いたサスペンス浦沢直樹の作品にストーリー共同制作者として携わってきた長崎尚志のオリジナル…

映画「プラットフォーム」感想 この風刺には納得させられる

どうもきいつです スリラー映画「プラットフォーム」観ました 中央に穴の空いた部屋で目覚めた男の極限状態の日々を描いたスペインのスリラー映画シッチェス・カタロニア国際映画祭で最優秀作品賞など4部門を受賞しています スペインの監督ガルター・ガステ…

映画「アオラレ」感想 基本B級だけど意外と社会派

どうもきいつです スリラー映画「アオラレ」観ました あおり運転を題材にしたサスペンススリラー信号で言い合いになった男から執拗につけ狙われる女性の恐怖が描かれます 監督を務めるのはデリック・ボルテ過激なあおり運転犯を演じるのはラッセル・クロウで…

映画「アンフレンデッド:ダークウェブ」感想 面白くなりそうでならない

どうもきいつです ホラー映画「アンフレンデッド:ダークウェブ」観ました 全編がパソコンの画面上で展開する異色のホラー「アンフレンデッド」の2作目拾ったパソコンを使うことから始まる恐怖を描いた2018年のホラーサスペンス映画 「パラノーマル・アクティ…

映画「ザ・コール」感想 過去に追い詰められるといる逃げ場のない絶望

どうもきいつです サスペンス映画「ザ・コール」観ました イギリスの映画「恐怖ノ黒電話」を原案に作られた韓国のサスペンス映画異なる時代の2人の女性が同じ家の電話で繋がることにより生じる歪みが描かれます2020年11月よりNetflixで配信されています 手掛…

映画「ダウンレンジ」感想 新たなタイプのスラッシャーホラー

どうもきいつです スリラー映画「ダウンレンジ」観ました 広野に取り残された若者たちが見えない何者かに狙撃され追い詰められていく姿を描いたシチュエーションスリラー 監督はハリウッドでも作品を手掛ける「あずみ」などの北村龍平 あらすじ6人の若者が相…