何もかもが滑稽

何もかもが滑稽

映画、漫画、アニメなどが好きで、その事についての感想、思ったことなどを書いています。 それ以外の事も時々書きます。

漫画「スピリットサークル」感想 時空を超えた壮大なドラマ そして甘酸っぱい恋愛ドラマ

どうもきいつです



水上悟志さん作、全6巻の漫画「スピリットサークル」
たまたま知って、面白そうだなぁと思いまとめ買いして読みました

 

これが、名作漫画でした
あっという間に読み終わりました
ホントに面白い
素晴らしい漫画


主人公は中学2年生の桶屋風太
彼のクラスに、石神鉱子という女の子が転校してくる
彼女との出会いがきっかけで、それまでの生活が一変してしまう

物語の入り口はこんな感じです


この漫画は、輪廻転生がテーマになっています
主人公の風太は、自分の前世を体験していきます
それも、1つじゃなくて7つもの人生です

鉱子は初対面のはずの風太のことを憎んでいて
その謎を知るために前世を見る事になります

風太と鉱子の前世を主軸に物語が進んで行き、少しずつ謎が解かれていく
というような構成です

で、この前世の話が、それぞれ短編のようになっていて
それぞれの人が死ぬまでの人生を描いてます
だから、1つ1つのエピソードの内容も濃いんですよね


人と人とのつながりを描いた漫画でもあります
現在で関わりのある人たちは、前世でも関わりがあります
それは、家族であったり、友達であったりと形は違えど、どこかで繋がっている
風太は前世を体験するたびに、親しい人たちの大切さにも気づいていきます

そして、壮大なラブストーリーでもあります
下手な恋愛映画なんかより断然に純愛です


ヒロインの鉱子も良いキャラクターで
自分の前世に縛られてしまってる鉱子と、今世を大事にしたい思いの鉱子がせめぎ合ってるんですね
でも両方とも鉱子なんですよ
だから、彼女もいろいろ思い悩む
そして、決断を下さなければならに時が来ます


他には、この漫画すごい伏線もしっかりしてます
細かく伏線を張っていて、最終的には全部回収してくれて謎も解けますし、矛盾もないと思います
やっぱり短い漫画だからこその完成度だと思いました


けっこう、かわいい雰囲気の絵柄で
物語的には人が死ぬようなシーン
しかも血を流して、みたいなのが多くて内容も重めなんですが
このかわいい絵柄のおかげで中和されて、あまり重さも感じずに
読みやすい印象でした


全6巻と短い漫画ですが
読後は、本当にこれ6巻? って思うほどの内容の濃い漫画でした
非常に完成度が高かったです
最後のキスシーンは泣けます





スピリットサークル 01―魂環 (ヤングキングコミックス)