何もかもが滑稽

何もかもが滑稽

映画、漫画、アニメなどが好きで、その事についての感想、思ったことなどを書いています。 それ以外の事も時々書きます。

アニメ「ガンダムビルドダイバーズ」感想 期待してしまうシリーズなだけあって やっぱりハードルが上がってしまう


どうもきいつです




「ガンダムビルドファイターズ」、「ガンダムビルドファイターズトライ」に次ぐ
ガンダムビルドシリーズ3作目「ガンダムビルドダイバーズ」

 

僕はこのシリーズが好きで
最初の頃からずっと観てます


====


ガンダムビルドシリーズとは
ガンプラ(ガンダムのプラモデル)を
戦わせるガンプラバトルが世界中で流行している世界で
様々なキャラクターたちが
自分のガンプラを戦わせ競い合うというアニメです

プラモ狂四朗みたいなやつです
まあ、子供向けのガンプラ販促アニメですね




でも、侮るなかれ
このアニメシリーズけっこう面白いんです



1作目のビルドファイターズは
ガンプラバトル世界大会で優勝目指す少年の物語

2作目ビルドファイターズトライは
高校のガンプラ部が高校の全国大会の優勝を目指す物語

そして今作ビルドダイバーズは
オンラインの世界を舞台に仲間たちとともにバトルを繰り広げる
それぞれの設定はこんな感じです




そして、このシリーズの魅力はと言うと
熱いガンプラバトル

既存のガンプラを改造した
このアニメオリジナルのガンプラ
ガンダム好きならにやけるオマージュネタ
ですね




で、今回の「ガンダムビルドダイバーズ」なんですけど
前2作に比べて
ちょっと微妙な出来になってます

 

前2作と今作の大きな違いは
前2作は、実際にガンプラを戦わせて
壊れれば修理しなければならない

今作は、スキャンしたガンプラをオンラインゲーム内で戦わせる
壊れても再生される
映画「レディ・プレイヤー・ワン」の世界に似てます

 

これのせいで
バトルの緊張感が前作に比べて
かなり薄まってしまってるんですよね




でも、製作者側もマンネリを回避するために
大きく世界観を変えたんだろうな
とも思えます

 

それに、伝えたいテーマも明確にあると思いました
このアニメが伝えたいのは
たかがゲームにムキになるなよ
もっとみんなで楽しく遊ぼう
だと思うんですね



でも、このみんなで仲良く楽しみましょう
って言うのが強く出過ぎてしまって
物語が単調気味で
バトルの緊張感も無くなってしまってる

 

だからこそ、キャラクターやエピソード、バトルなんかを
もっと工夫して欲しかったんですけど
そのへんはけっこうマンネリだったり…

 

仲間同士も馴れ合いみたいになってしまってて
仲間同士のぶつかり合いとかも
もっとあっても良かったと思うし

バトルもキャラクターごとに
個性的な戦いを見せて欲しかった

主人公がいつの間にか
めっちゃ強くなってるのも
どうかな?
って思いました




でも、良いエピソードもあって

 

第13話のリアルガンプラバトルの回なんかは
今まで無傷のバトルをやってたぶん
実際にガンプラを傷つけながら戦う
主人公の姿がすごい良かったし



物語終盤の
サラを巡っての全面戦争も良かったです

 

ただ、最終回のゲーム内の全員で1つの敵に立ち向かう
っていうのが
今までずっと馴れ合いできたのもあって
カタルシスがあまり無かったです

ゲーム内の派閥などで
もっとギスギスした関係性があったりすれば
この、みんなで力を合わせる場面に
もっと熱さが表現できたんじゃないでしょうか




前2作が面白かったので
ハードルが上がってしまっていますし
やっぱり比べてしまいます

でも、そんなに悪い出来ではないと思うので
ガンダムが好きな人は楽しめると思います






【早期購入特典あり】 ガンダムビルドダイバーズ Blu-ray BOX 1 (スタンダード版) (チーフメカアニメーター 久壽米木信弥描き下ろしイラストリーフレット付)