何もかもが滑稽

何もかもが滑稽

映画、漫画、アニメなどが好きで、その事についての感想、思ったことなどを書いています。 それ以外の事も時々書きます。

漫画「DRAGON BALL外伝 転生したらヤムチャだった件」感想 あのヤムチャがめちゃくちゃ強い パロディとしてはかなり面白い


どうもきいつです




最近、異世界へ転生するとか、飛ばされてしまうとか
そんな作品が多いですよね

 

人気もあるようで
1つのジャンルとして出来上がってきてると思います
そんな中、ついにこんな作品まで出来てしまいました

「DRAGON BALL外伝 転生したらヤムチャだった件」

既存の作品にまで転生してしまいました

でも、これタイトルだけの出オチじゃなく
結構内容も面白かった

ドラゴンボールが好きな人は笑える内容だと思います



主人公はドラゴンボールオタクの男子高校生
ある日、階段から足を踏み外し転落し気を失います
そして、目が覚めると彼は悟空と出会ったばかりの頃のヤムチャになっていたのです


なかなかのぶっ飛び展開です

それから、彼はヤムチャとしてこの世界で
ドラゴンボールの知識を駆使し
上手く立ち回ろうと右往左往します
あわよくばブルマとの結婚も目論みます


この漫画、何が面白いかと言うと
強いヤムチャが見れるんです

主人公はドラゴンボールの事を全て知っているので
ヤムチャの悲惨な未来も知ってるわけです

その未来を避けるためにいろいろ画策します
悟空、クリリンと共に亀仙人の下で修業したり
カリン塔へ行って超神水を飲んだり
挙げ句の果てには、サイヤ人襲来より前に
ナメック星へ行って最長老に力を引き出してもらっちゃったりします
これはさすがにズルいですよ

そういう努力の積み重ねでヤムチャがめちゃくちゃ強くなるんです

あの名シーン
栽培マンの自爆にやられるヤムチャ
これを回避してしまうんです

ナッパをもヤムチャが倒してしまいます

悟空とヤムチャが肩を並べてベジータに善戦してるんですよ

普通のドラゴンボールでは絶対見れない
ありえないシーンについニヤケてしまいます



それとですね、設定やパロディ部分もすごく面白いんですが
絵の再現度が凄く高いです

本作の作者ドラゴン画廊・リーさんは
もともと同人作品を作っている方らしく
集英社から声が掛かり、この作品を描くことになったみたいです

彼の絵の再現クオリティーがホントに素晴らしいです
連載時期によって違う鳥山先生の絵を上手く真似ています

初期の可愛らしい絵柄
サイヤ人襲来あたりのちょっとカッコよくなってきた感じ
セルゲームあたりの今の完成形の絵に近づいてきた頃の絵

これを全部描き分けています


画風が原作に限りなく近いので
変なことをしているのがより面白く感じます



パロディ漫画としてはかなり出来の良い作品だと思いました
それと、単行本1冊で完結なのでとても読みやすいですね
ドラゴンボール好きなら必ずハマると思います





【在庫あり/即出荷可】【新品】DRAGON BALL外伝 転生したらヤムチャだった件 (1巻 全巻)