何もかもが滑稽

何もかもが滑稽

映画、漫画、アニメなどが好きで、その事についての感想、思ったことなどを書いています。 それ以外の事も時々書きます。

ヒプノシスマイクが超おもしろい


どうもきいつです




ヒプノシスマイクが超おもしろいです
ヒプノシスマイク略してヒプマイ
知ってますか?

 

まず、これを見てほしい






はい、イケメンアニメキャラに扮した声優たちが
ラップをしてます

 

完全に女性オタク向けのコンテンツなんですが
これが、なかなか面白い




どういう展開をしているかと言うと

男性声優12人によるラップソングプロジェクトで
CDやキャラクターグッズなどが販売されています
イベントやライブなんかも行われているようです

 

世界観やキャラクターの設定もあって
ヒプノシスマイクという
人の精神に干渉することのできるマイクを使って
4つのチームがラップバトルで派閥争いをする
みたいな感じです

 

漫画化もするみたいですね
後々アニメ化なんかもするんじゃないでしょうか

 

女性オタクの中では
もう結構流行ってるみたいです




一見、ただのオタク向けコンテンツにも見えるんですが

 

曲がめちゃくちゃカッコいい



普通にクオリティーが高いです



そもそも、声優にラップをさせるのが大正解だと思います
声優は声のプロですよ
ラップをやらせれば上手いに決まってる

 

みんな普通にラップが上手いです



そして、声優は演じるプロでもあるので
それぞれが個性的なキャラクターになり切っています
さらに、アニメ的なキャラというだけではなく
ラッパーとしてもキャラ立ちしています

 

12人がそれぞれ個性的なラップをするので
十人十色で
ヒプノシスマイクというコンテンツの中だけでも
様々なラップを聴くことができます

 

とにかく、声優スゲーって思える




しかも、それだけじゃない

 

楽曲に関してもかなりガチです
本気でヒップホップをやろうとしています

 

楽曲制作に関わる人たちがすごいです
サイプレス上野、HOME MADE 家族のKURO、GADORO
KEN THE 390、ラッパ我リヤ、など
そうそうたるメンツ

 

日本のヒップホップが好きなら
絶対知ってるような人たちが多数です

 

これらの名前をみるだけでもテンション上がりますね



制作陣がガチなだけあって
どの曲もJ-POPやアニソン的なラップソングではなく
ガチなヒップホップ曲に仕上がっています

 

だから、めっちゃカッコいい




オタク文化とヒップホップ文化
相容れないように思われた2つが
混ざり合う事で素晴らしいものが生まれました

でも、そもそも相性が良かったのかもしれませんね
ヒップホップって、もともと個性的である事が重要なジャンル
でもあると思うので
そのヒップホップと、アニメ的な過剰なまでのキャラクター作りが
とても良くマッチしたんじゃないでしょうか

 

個人的には
やっと、この2つがうまく融合してくれたな
と感動しましたよ




そして、よく言われる

 

日本のヒップホップは黒人のサルまね
日本語のラップはダサい
ラップはやってるやつなんかはDQN



ヒプノシスマイクはこれを完全に否定してくれましたね

 

日本だからこそ生まれたヒップホップで
めっちゃカッコいい
ラップしているのは真面目に働いている声優たち

 

そもそも、この悪いイメージ自体が間違ってはいるんですが



でも、ヒプノシスマイクの存在で
ヒップホップのイメージも大きく変わるんじゃないでしょうか




そんな素晴らしい企画ヒプノシスマイク

 

その、ヒプノシスマイクの12人の中で
個人的に好きなキャラは
イケブクロ・ディビジョン、山田一郎と
シブヤ・ディビジョン、飴村乱数
この2人



山田一郎は木村昴さんが声を演じています

 

木村さんと言えば
あの国民的アニメ「ドラえもん」のジャイアン役で有名
あの破壊的音痴のジャイアンが
実はラップがめっちゃ上手かった

 

木村さんはもともとヒップホップが好きだったようで
フリースタイルラップもできるらしい
しかも、山田一郎のソロ曲は自分で作詞しています
風貌もラッパーっぽいです

 

元から好きと言うのもあるのか
かなり正統派のラップで
普通にカッコイイ
完全にラッパーですよ




そして、飴村乱数は白井悠介さんが声を演じています

 

ちょっと白井さんの事は知らなかったです
どんなアニメで声をやってるのかも知りません

 

この、飴村乱数なんですが
乱数と書いてラムダと読みます

 

このキャラは、いわゆるアニメ的なキャラで
性格や設定はとてもアニメ的
ちっちゃくてカワイイ子供みたいなキャラです
そして、声もめっちゃアニメ声です

 

このアニメ声でカワイイ感じのラップをする
なんかすごく新鮮
てか、こんなラップ聴いたことが無いです

 

現実のラッパーでこんなキャラいないと思う
いたら結構気持ち悪いですよ

 

こういう企画だからこそ生まれたラップ
って感じで
聴いててとても面白いです




こんな感じでヒプノシスマイク超おもしろいです
アニメ的なコンテンツに偏見がある人
日本のヒップホップに偏見がある人にも
是非、聴いてほしいですね

 

今でも、十分盛り上がってきてると思うんですが
今後もさらに盛り上がってきそうです
注目です






「ヒプノシスマイク -Division Rap Battle-」キャラクターソングCD1「Buster Bros!!! Generation」 イケブクロ・ディビジョン



「ヒプノシスマイク -Division Rap Battle-」キャラクターソングCD4「Fling Posse -F.P.S.M-」 シブヤ・ディビジョン