何もかもが滑稽

何もかもが滑稽

映画、漫画、アニメなどが好きで、その事についての感想、思ったことなどを書いています。 それ以外の事も時々書きます。

好きなアイドルソング その2


どうもきいつです



以前にも好きなアイドルソングを
紹介しました
 

www.nanimokamogakokkei.com



でも、まだまだあるので
また紹介します

 

前回はただなんとなく好きな歌を
テキトーに挙げただけで
統一性も何も無かったんですが

 

今回は
その瞬間
そのアイドルだからこその歌

 

それに絞って選んでみました






私立恵比寿中学 「まっすぐ」

 

 

エビ中こと私立恵比寿中学
エビ中の楽曲はすごく良いのが多い
その中でも「まっすぐ」は
素晴らしい曲だと思う


曲自体はとても王道のアイドルソングです

歌詞は淡い少女の恋心を
歌ったように聴こえますが

その内容はとても青臭くキレイごと
中二病のような理想の戯言です
クサいしイタいしとてもダサい内容

しかし、この歌を
この瞬間の私立恵比寿中学の8人が
歌うから素晴らしい

当時のエビ中は全員10代で
メンバーの年齢は15~19歳です

大人と子供の境目の彼女たちが
この歌を歌う事で
恋愛ソングではなく
大人と子供の狭間の瞬間を歌った歌になる

アイドルという
その瞬間を輝いている存在が歌う事で
この歌自体もとても輝く

アイドルにしか歌えない歌です


ただ、今のエビ中は
アイドルじゃなくてもいい歌を
連発してしまっているのが
ちょっと残念…

ですが
この瞬間の私立恵比寿中学の8人は
絶対に忘れてはいけないと思う


「中卒」「中辛」~エビ中のコンプリートベスト~(完全生産限定盤)




ばってん少女隊 「無敵のビーナス」



福岡を拠点に活躍するグループ
ばってん少女隊の5枚目のシングル
80年代のアイドルを意識した様なMVです
歌詞の内容も昭和っぽいです
ポップで明るい雰囲気の曲ですね

今までのばってん少女隊のシングル曲と
比べると雰囲気がちょと変わっています

歌の内容は
子供のままでいたいけど
大人になりたいとも思っている
少女の気持ちを描いた歌
いかにもアイドルソングらしい曲です

この曲で好きなのは
瀬田さくらのソロパートです
このMVで言うと
曲の歌いだしを務めている子です

ルックスもとても可愛い子なんですが
彼女の歌声が素晴らしい
とても優しく綺麗な歌声
癒されます

この曲では彼女の声を
最大限に生かせています


ばってん少女隊は今勢いもあるし
これからも楽しみです


無敵のビーナス (見んしゃい盤)(初回限定盤)




ときめき♡宣伝部 「むてきのうた」



ときめき♡宣伝部のメジャーデビュー前の
シングル曲です
なので結構前の曲ですね

とても明るく楽しい
元気な歌です

内容は友達に出会えて前向きになれた
そんな感じです

この曲は
歌の内容もMVもとてもアイドルらしい
そして、ときめき♡宣伝部の魅力も
最大限に出だせていると思います

特にMVは素晴らしいと思う
メンバー個人の魅力も引き出せているし
グループ全体の魅力も引き出せています

ときめき♡宣伝部はこういうグループだ
というのが伝わってくる


メジャーデビュー後の曲は
この時のような良さが
薄れてしまっているのが残念です


あと、青色担当の
辻野かなみちゃんの顔がすごく好き


むてきのうた(どきどき盤)(DVD付)




欅坂46 「二人セゾン」



欅坂46の3枚目のシングルです
この曲は名曲です‼
今さらですけどね…

欅坂46の曲は全体的に安定感があると思います
でも、攻めた面白い曲もたくさんある
だからこそ
とても人気のあるグループなんでしょう

この曲は全てが素晴らしいと思う
歌詞もメロディーもMVも
完璧ですよ


セゾンとはフランス語で季節
という意味です

季節のように巡り変わる
2人の出会いと別れを描いた歌です

出会いと別れの歌なので
切ない歌のようですが
とても前向きな歌だと思います

殻に閉じこもっていた僕がキミと出会い
世界が広がる
やがて季節が巡り2人は
別れてしまいますが
最後には僕が成長しています

これを欅坂46というグループが歌う事で
完璧なアイドルソングになったと思う


新曲の「黒い羊」もとても面白い曲
やっぱりすごいグループです


真っ白なものは汚したくなる (Type-A)(DVD付)




アイドルネッサンス 「17才」



アイドルネッサンスは2018年に
解散してしまったグループです
良い曲も多かったし
解散はもったないですね

「17才」はロックバンドBase Ball Bearの
同名曲のカバーです
カバー曲なんですが
アイドルソングとして
とてもハマっていると思う

原曲とこの曲で
見え方が変わってきます

原曲の「17才」は17才を振り返り
17歳の子たちにエールを送ったような歌
だと思いますが

アイドルネッサンスの「17才」は
この子たち自身が
この歌と同じくらいの世代
そんな子たちが歌う事で
現在進行形の歌へと変わります

原曲の「17才」も好きですが
アイドルの歌う「17才」も
とても素晴らしいと思う

とてもアイドルらしい曲に
変化しています


アイドルネッサンス [2CD+Blu-ray Disc]




そんな感じで何曲か挙げてみました
他にも良い曲はたくさんありますが
このへんにしときます


これらの曲を聴き返してみて
やっぱりアイドルの魅力って
儚さなのかな
と感じました

いつか終わってしまう
過ぎ去っていく瞬間
その儚さが美しさなんじゃないのかと
思います

だからアイドルは
リアルタイムで観るのが面白い