何もかもが滑稽

何もかもが滑稽

映画、漫画、アニメなどが好きで、その事についての感想、思ったことなどを書いています。 それ以外の事も時々書きます。

映画「トイ・ストーリー4」感想 前作にあやかっただけの蛇足映画

f:id:kiitsu01:20190713005917p:plain

どうもきいつです


ディズニーのアニメ映画「トイ・ストーリー4」観ました

おもちゃの世界を舞台に描いた
ピクサー・アニメーション・スタジオによる
大ヒットシリーズ「トイ・ストーリー」の第4作目
ウッディと仲間たちの新たな冒険が描かれます

数々のピクサー作品で
ストーリーボードアーティストを担当し
「インサイド・ヘッド」では脚本にも参加した
ジョシュ・クーリーが長編初監督を務めます

 

あらすじ
ウッディたちの新たな持ち主ボニーは
幼稚園で作ったお手製のおもちゃフォーキーを
家に持って帰る
ウッディは仲間たちにフォーキーを
ボニー一番のお気に入りだと紹介する
しかし自分をゴミだと思っているフォーキーは
逃亡してしまい、
ウッディは後を追いかける

 

感想
この物語を「トイ・ストーリー」で
描く必要があるのか?
全作の感動はなんだったのかと
思わされてしまいました

 

僕は「トイ・ストーリー」シリーズが
とても好きで1作目から見続けてます
特に前作の「トイ・ストーリー3」では
めちゃくちゃ感動させられました
あれは名作だと思います

なので、本作も期待を込めて待ち望んでたし
だからこそちょっと不安も感じていました

全作があまりにも名作だし
ほとんど全てを描き切っていたようにも
思えたので


そして、その不安は的中して
ただの蛇足映画で終わってしまった…

 

とは言え
さすがのピクサーなので
一定のクオリティは保たれています

全然つまらないわけではなく
面白い映画ではあると思います


まずは映像がとても美しい
3DCGアニメですけども
ほぼ実写みたいなものですよ

毎度のことですけど
物の質感の描き方が本当に素晴らしい

おもちゃたちの質感なんかも
見た目だけでその素材が何なのかが
わかってしまいます

ウッディのレトロなおもちゃの質感だったり
バズのプラスチック感
ボーは陶器でできているのがわかるし

それ以外にも
雨水やほこりなどの細かい部分まで
とてもリアルに表現されています


リアルさだけでなく
キャラクターの細かい表情の変化や
さり気ない仕草など
些細なところまで作り込まれているので

この世界に説得力が生まれてるし
全てがとても生き生きとしている

ただ映像が写実的というだけでなく
この世界全体からリアルさが伝わてきます

 

ストーリーも全然悪くなくて

とてもわかりやすくテンポも良いので
最後まで飽きずに観れます

ウッディを中心に次々に話が展開するし
それぞれの思いなんかも簡潔に
わかりやすく伝わってきます
ストーリーに抑揚もあるので
物語に引き込まれると思う

要所要所にスリルのある展開や
感動的な演出
アクションシーンも入ってくるので
エンターテイメント的に
とても楽しめる作品でした

 

そんな風に
とてもクオリティが高くて
面白い映画ではあるんですが

ただ、この映画は
「トイ・ストーリー」の4作目で
おもちゃを主役にした作品

それを踏まえて観ると
本作で描かれているメッセージや
ウッディが選んだ結末には
疑問が生まれてしまいます


今までのシリーズで積み上げてきたもの
特に前作の「トイ・ストーリー3」で
描かれた物語が
台無しになってしまっていると思う


このシリーズで一貫して描かれているのは
おもちゃの役割だと思います

おもちゃは子供と遊ぶのが幸せで
逆に子供に幸せをを与える存在でもある

そういう部分が主軸となって
今までも物語が展開されていって
「トイ・ストーリー3」では
大人になった子供から今の子供が
おもちゃという想いを受け継ぐ物語に
感動させられました

このシリーズではおもちゃが擬人化されてますが
あくまでおもちゃとして描かれている
そこがとても重要で
だからこそ伝わるメッセージがあったんだと思います


しかし本作は
おもちゃであるウッディを
人間のように描いてしまってると思う

ボニーに相手にされなくなったウッディが
自分の存在価値を求めて
最後には広い世界へ羽ばたいていく
みたいな話です

一見とてもいい話のようにも思えるけど
なんかずれてしまっている

自由になったウッディのその先には
何があるのか?
おもちゃという存在意義を捨ててしまった
ウッディはただのゴミだと思う

自由っていうのは
アイデンティティを捨てることではないです

ウッディの場合はおもちゃとして
新しいおもちゃの存在意義を見つけること
だったはず

そこをただ解放されて自由になりました
で終わりじゃ
なんかおかしいと思います


最近のディズニーは
多様性、ありのままの自分、自由な生き方
とかを描こうとしていますが

それが悪い方向へ転んでると思う

「シュガー・ラッシュ:オンライン」なんかも
そこがとてもずれていて
自由をはき違えたメッセージになっていました


本作も同じような
自由をはき違えたメッセージになっている
自分の役割から解放されることが
自由になることではないと思います


ただ、本作の結末がどうであろうと
僕は納得できなかったように思う

この映画では結末に対して
否定的な意見が多いですけど

もし最後のウッディの決断が
ボニーのもとへ帰る
であったとしても
全然納得はできません

そもそも、「トイ・ストーリー」に
これ以上描けるものは無かったんだと思う

3で全部出してしまったので
残っているのは出がらしだけ

本作を作る必要なんて全く無かったんですよ


そんなのははじめからわかっていたようにも
思えますけども

人気作品の続編だったら必ずヒットするし
それだけのために作られた作品だったんでしょうね


こんなことになるなら
ピクサーの新作を観たかったです

おもちゃの物語でなかったら
本作で描かれているメッセージを
別の形で見せれたかもしれないですし

 

それと、もう1つ「トイ・ストーリー」の良さが
損なわれてた部分があったんですけど

今回はちょっとおもちゃたちが
表に出過ぎていたように思います

普通に人がいる部屋でも
死角にさえなっていれば動き回るし
人目に付く場所でも
普通に動いてしまっている

終盤なんかは
人間のいる場所で声も出してるし
自動車を操作したりもしてしまう

人間に干渉し過ぎてるんですよね

これが
今までの
実はおもちゃたちは人がいないところで
動いているし喋っている
という面白さを完全に損なわしてる

全作までは
あくまで人とは干渉していないところで
おもちゃたちの物語が繰り広げられている
という描き方がちょっとしたリアルさにも
繋がっていたと思うんです

実は自分の知らないところで
おもちゃたちが動いているんじゃないのかな
と思わされるんですよ

でも、本作は
完全にファンタジーでフィクション
という見え方しかない
嘘っぽすぎるんです


こういった点でも
「トイ・ストーリー」らしさが
削られていました

 

それと、ボニーに作られた
フォーキーの存在もいまいち機能してなかった

子供に作られた手作りのおもちゃ
って今までになかった要素なので
そこから話が膨らむのかと思ったら

ただトラブルを発生させるためだけの存在で
終わってしまっていたので
ちょっともったいなかったです

フォーキーの存在が
ウッディの新たな道しるべになるのかとも
思ったんですが
全然そうではなかったですね

 

「トイ・ストーリー」は3で
終わっておくべきでしたね

3が名作だけにものすごい温度差です

出来の悪い続編や
オリジナル以下の実写リメイクばかりを
連発しているディズニー
大丈夫かと心配になってくる

もう、ディズニーが金の亡者にしか見えない

そろそろ続編やリメイクはいいから
クオリティの高い完全新作を作れよ

 


トイ・ストーリー3 MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]