何もかもが滑稽

何もかもが滑稽

映画、漫画、アニメなどが好きで、その事についての感想、思ったことなどを書いています。 それ以外の事も時々書きます。

映画「劇場版 ONE PIECE STAMPEDE」感想 20年間の歴史を詰め込んだお祭り映画 単純に楽しかった

f:id:kiitsu01:20190810181540p:plain

どうもきいつです


アニメ映画「劇場版 ONE PIECE STAMPEDE」観ました

尾田栄一郎による原作漫画、アニメともに
大人気を誇る「ONE PIECE」の
3年ぶりとなる劇場版
世界の海賊たちが集う海賊万博を舞台に
ルフィたちの激し戦いを描いた
劇場版のオリジナルストーリー

原作者の尾田栄一郎監修の下
監督は数々のテレビアニメや劇場版アニメに
携わってきた大塚隆史が務めています

 

www.nanimokamogakokkei.com

 

あらすじ
海賊の海賊による海賊のための祭典“海賊万博”
それに招待された麦わらの一味は
海賊王の遺した宝探しで
世界中の海賊たちとのお宝争奪戦を繰り広げる
そんなルフィたちの前に
元ロジャー海賊団ダグラス・バレットが立ちふさがる

 

感想
ストーリーなんてほぼ無く
ただ戦ってるだけの映画だけど
めっちゃ楽しかった
ファンなら最高に思えるであろう
お祭り映画でした

 

最近は少し「ONE PIECE」離れしていて
今はそんなに詳しくもないし
熱もそんなに無かったんですが
劇場版はいつも観に行ってるし
今回も観に行ってきました

一時ほどは熱が冷めてるとは言っても
いまだにストーリーは追いかけてますし
それなりにワンピースは好きです

で、今回の劇場版なんですが
ワンピースが好きなら最高だと思える

20周年記念で作られたお祭り映画
って感じでした


原作に登場したキャラクターが
山ほど出てきますし
劇場版ならではのスペシャルな演出や展開も
てんこ盛りでした
原作のセルフオマージュなんかもたくさんあって
ファンなら感慨深いものもあると思う

とにかく
今までのワンピースを詰め込んだような
20周年ならではの特別な映画に
仕上がっていました

 

まず、ストーリーの話をすると

内容なんて全く無かったです

海賊万博に招かれたルフィたちが
急に現れためちゃくちゃ強い海賊バレットと
ただひたすら戦ってるだけの話

ドラマも何もない
ただ最強を決めるために戦ってる
って感じです

良く考えると話の整合性も良くないし
敵の目的や思惑も
なんかすごくフワッとしていて曖昧

正直言って1本の映画としては
つまらないでしょうね
それに、ワンピースに思い入れが無い人が観ると
そんなに楽しめないと思う


でも、それでいいんですよ

この映画はそもそもワンピースが好きなの前提で
ファンのために作られたような映画
20年の積み重ねがあっての本作です


これはこの前の「劇場版 仮面ライダージオウ Over Quartzer」や
去年公開されてた
「ドラゴンボール超 ブロリー」とかと
同じですよ
とにかくファンを楽しませるための映画です


そういう意味ではこの映画は
大成功だったと思います

映画「劇場版 仮面ライダージオウ Over Quartzer」感想

映画「ドラゴンボール超 ブロリー」感想

 

個人的に好きだったのは

序盤の最悪の世代たちが大集合の
お宝争奪戦と
そこからの全員で共闘しての
バレットとの戦い

最悪の世代が全員集合っていうのが
個人的にとてもワクワクする

それに序盤の海賊たちのお宝争奪戦は
昔の劇場版デッドエンドの冒険を思い起こされる
デッドエンドの冒険も好きだったし
今回はスペシャル感がさらに増して
テンションがめっちゃ上がります

最悪の世代が共闘するって展開も
すごく熱いし気持ち上がりますね

敵同士でバラバラの連中が
1人の敵に立ち向かうって展開は
単純に好き

これだけで気持ちが昂りました

 

他にも
この映画ならではのレアな組み合わせも
なかなか面白かった

ローとクロコダイルのツーショットなんて
なかなか見ることないし

サボとスモーカーのやり取りも
面白かったですね
2人の性格の違いでかみ合ってないのも面白いし
アラバスタ篇でのエースとスモーカーを
思い起こされるような演出で
ファンならちょっと嬉しい組み合わせだと思う

サンジVSスモーカーもレアなバトルで
良かったですね


ゾロVS藤虎のガチバトルも激しくてカッコよかった
さらにそこにミホークがいるというのがレアです

ミホークが船を真っ二つにして登場するシーンは
原作でのミホーク初登場時と同じで
なかなか粋な演出でしたね
もともとあのシーンが好きなのもあって
テンション上がりました


バギーとハンコックのギャグ的なやり取りも
笑えるし良かったです
2人ともギャグ要員ですけど
原作では全然絡んでなかったですしね


それと、これは狙ってるのかどうかは
わからないですけど
ラスト付近でゾロとサンジが
クロコダイルとロブ・ルッチを
食い止める場面は熱かったですね

今までルフィが苦戦してきた相手に
ゾロとサンジが対等に渡り合えている
すごく気持ちが昂りました


そんな感じで
オールスターだからこその
特別な演出や組み合わせなど
ファンなら楽しめる要素がたくさんです

終盤の「ウィーアー!」の曲の入れ方も
めっちゃ盛り上がります

 

ただ、もっとできたんじゃない?
って思うところもあります
ここまでできたなら
もっと面白くできたように感じる

既存のキャラでのオールスター的な
盛り上がりは最高なんですけど
ちょっと敵のバレットが微妙

設定は悪くないと思うけど
バレットの戦い方や能力の見せ方に
ひねりが無さすぎて面白みが無い

ただ殴るだけの単純な戦闘方法だし
悪魔の実の能力も周りの物を吸収して
巨大になるだけだったり

それに巨大化した時のデザインも
他の作品なんかでもよく見るような
あまりのシンプルさでオリジナリティが無い


今までに無いほどの強大な敵のはずなのに
いまいちバレットの魅力に欠けるんですよね

他にテンションが上がるものが多いだけに
バレットの存在が埋もれてしまってる
他に埋もれてしまわないほどの
強烈なインパクトが欲しかった

既存のキャラへの想いはこもっていたけど
映画オリジナルのキャラには
あまり想いが込められていなかったのかもしれませんね

 

そして、戦闘シーンが単調過ぎなのも
ちょっと気になってしまった

ルフィが猪突猛進にぶつかっていくのは
全然良いんですよ
むしろそうじゃなきゃルフィじゃない


でも、他のキャラの攻撃もなんか単調で
観ていてあまり面白みが無い

もっとそれぞれの個性を生かした
攻撃を見せてくれても
良かったんじゃないかと思いました

唯一ウソップくらいですよね
個性を生かした戦い方をしていたのは

他のキャラは単純な攻撃の繰り返しで
せっかくの共闘にあまり意味が無いように
思ってしまった


それに、バギーがただのギャグ要員で
終わってしまったのもちょっともったいない

あの情けない姿がフリで
最後に一発すごい活躍を期待していたんですが
結局最後まで何もありませんでした

最後はバギーが良いとこ全部かっさらう
くらいでも良かったと思うんですけどね
バギーの使い方が中途半端でした

 

あと、ラストのサボとエースのシーンですよ
このシーン自体はすごく良いと思うけど

ここでわざわざ悪魔の実の能力で
エースの幻影を見せるって説明は
全くいらないと思う

単純にルフィだけにはエースの姿が
サボにかぶって見えた
ってだけでも全然納得できるし

そこでサボがエースの幻を作ってくれ
と言うのはなんか余計ですよね

登場人物がわざわざ感動を演出してるのは
すごく冷めてしまいます


この演出は最後の最後で
ちょっと邪魔だったように思いました

 

もっと面白いものができたんじゃないか
という思いもありましたが
基本的にはすごく楽しめる映画
ファンなら最高に気持ちが昂ると思います
20周年に相応しい作品

 


【Amazon.co.jp限定】ONE PIECE Log Collection “ZOU"(特典1:オリジナルアクリルチャーム+特典2両面A4クリアファイル・メーカー特典) [DVD]