何もかもが滑稽

何もかもが滑稽

映画、漫画、アニメなどが好きで、その事についての感想、思ったことなどを書いています。 それ以外の事も時々書きます。

映画「恐怖人形」感想 この発想と小坂菜緒でこの映画は勝ち でも監督は本気出せてない気がする

f:id:kiitsu01:20191128164438p:plain

どうもきいつです


日本のホラー映画「恐怖人形」観ました

巨大化した日本人形が
次々と人を殺していくホラー映画
差出人不明の招待状を受け取った女子大生が
不可解な事件に巻き込まれていきます

監督は「gift」「めがみさま」などの宮岡太郎
主演をアイドルグループ日向坂46の小坂菜緒が
務めています

 

あらすじ
大学生の由梨のもとに謎の招待状が届く
幼なじみの真人も同じものを受け取っており
2人でパーティーに参加するため
集合場所へ向かうと
同世代の男女5人と中年男性1人がいた
8人はパーティー会場のキャンプ場へ着くが
そこで想像を絶する恐怖に巻き込まれていく

 

感想
巨大な日本人形が殺しに来る
って発想が面白い
インパクトがすごいし笑ってしまう
小坂菜緒も華があるし超可愛い
ただ、監督がやりたかったことが
発揮できていなかったんじゃないか
って気もしました

 

日向坂46の小坂菜緒が好きってのもありましたし
予告映像のインパクトがすごく
前から観たかった作品です

実際に観てみると
予想通り完全に笑わせにきてる
ホラー映画でした

巨大な日本人形がシュールすぎて
笑えます

でも、意外と王道のホラーでもあって
ストーリーはちゃんと作られてたりする
結構、真面目なホラーでした


日本のホラー映画ですけども
内容はかなりアメリカンなスタイル
「13日の金曜日」や「悪魔のいけにえ」
みたいなスラッシャー映画です

てか、かなりそれらの作品を
意識して作られています

キャンプ場が舞台だったり
チェーンソーを使って殺しに来たり
完全にそんな作品のオマージュですし


なので、日本らしいホラーを求めると
こんなんじゃない!!
って思うかもしれませんが

そもそも、あの予告を見てそんなのを
求めてくる人はいないですよね

とにかく、ほとんど登場人物は死ぬし
殺され方も無惨
バカなホラーって感じが面白い作品でした


そんなバカなホラーですけども
ストーリーはしっかりと作られています

はじめは登場人物の紹介を
わかりやすくやって基盤を作り
順序よく真相を解き明かしていく

登場人物たちの本性が見えてくると
次々と殺されていきます

そんなスリルのある場面を経ての
終盤にはどんでん返しがあるし
ラストの着地も綺麗で納得できる


すごくシンプルで王道なストーリーではあるけど
ちゃんとしてるから最後まで観れる

ぶっ飛んだ映画のようで
実は丁寧に作られていると
感じれました

 

まあ、それだけじゃ普通のホラー映画で
終わってしまうような内容ですが

この映画は
超巨大な日本人形
この絵面を生み出したってだけで
もう勝ちですよね

この発想ができただけで
勝ってます

それプラス小坂菜緒で
完全に勝ちです


巨大日本人形と小坂菜緒で
埋め尽くされた映像は
絶対に忘れるわけがない

一度観たら記憶に刻み込まれてしまう
と思います


まず、呪いの巨大日本人形
絶対に笑ってしまうはどの
ものすごいインパクトがあります

そんなのが武器を持って
人を殺しまくるんですから
こんな映像は見たことない

アホすぎるけども
ここまでやれば
一周回ってちょっと怖くも見えてきますし

最初は笑ってましたけども
途中からはちょっと怖かったですよ
殺し方もなかなか残酷でしたし


そして、小坂菜緒です

彼女が超可愛いです
それだけで満足

しかも、ただ可愛いだけじゃないですからね
気品がある
彼女は他のアイドルと比べても
オーラがあると思います

可愛いだけでなく華がある
芸能人って感じが伝わってくるんですよ

さすが日向坂のセンターを務めるだけの
ことはありますね

そんな小坂菜緒が出ているだけで
この映画の価値は上がってますよ

中途半端なアイドルが主演なら
どんなにお金をかけたとしても
こんな華は生まれないです

 

そんな感じで
なかなか面白い映画でした
だからこそ思うこともあります

この映画を見て
たぶん監督は本気出せてないんじゃないか?
と思いました

発想ややってることはぶっ飛んでるのに
なんか行ききってない感がある
中途半端に感じるんですよ

そこで思うのが
本当はもっとめちゃくちゃやりたかったんじゃないのか
ってことです

でも、アイドル映画だからできなかったのかも

「13日の金曜日」や「悪魔のいけにえ」を
意識している割には
本作はぬるすぎるんですよね

こんな作品を意識しているってことは
絶対にそんな作品が好きなわけで
それが好きな人はこんなぬるい映画で
満足できていないはず

もっとグロい事とかショッキングな事を
やりたかったと思います
ラストもあんな綺麗な終わりかたより
変な終わりかたにしたかったかも

所々にそんな片鱗は見えますけども
やっぱり押さえているような気がする

唐突なレズシーンとか
呪いの研究している変なおっさんとか
変なシーンや変なキャラが
ちょくちょく入ってますし

そんなのを見ると
やっぱり押さえている感じがしてならない
やりたいことを
全部やれていない感じがしました

 

あと、小坂菜緒のファンとして思うのは
もっと小坂菜緒の魅力を引き出して欲しかった

本作は良くも悪くも
いつもの小坂菜緒なんですよね

確かにそれだけでも魅力のある子
なんですけども
もっとできただろ
って思ってしまった

せっかくならもっといろんな表情を
見せて欲しかったです

ホラーなんだから
顔面崩壊するほど泣き崩れる顔とか
狂気に満ちた表情とか
精神ぶっ壊れた時の顔とか

いろいろできたと思う

せめて血しぶきをぶっかける
くらいはやって欲しかったですね


それと、エロさとかも見せて欲しかったです
この映画の小坂菜緒は全然エロくない

エロいと言っても
下品なやつではなくて
さりげないエロと言うか

露出しなくてもエロい表現は
できるでしょうし
小坂菜緒にはそんなポテンシャルもあると思うので
そういう一面も見せて欲しかったですね

 

それもこれも
結局はアイドル映画だからできなかった
可能性がありますよね
本当はもっとやりたかったけど
できなかったのかも

やりすぎたら偉い人に怒られるとか

そうじゃなくても
アイドルだから気を使ってしまい
攻めたことができないとか

紅白歌合戦に出場するほどのグループのセンター
ですからね
そうなってしまうのは仕方ないのかも
しれません

でも、個人的には
もっと小坂菜緒を追い込むくらいのほうが
彼女の魅力や新しい一面が
見れたんじゃないかと思う訳です

普通に可愛い小坂菜緒じゃ
物足りない

映画の主演をやるからには
もっと小坂菜緒のいろんな面を
見たかったなと思いました

それにホラー映画としても
もっとすごいものを見れた気がします

あの発想があるなら
さらにめちゃくちゃにできたでしょうし

 

とは言え
面白い映画ではあったと思います
インパクトはすごいし
小坂菜緒は可愛いし

次は監督の本気の映画を観てみたい
と思いました
次の作品にも期待してます

小坂菜緒はここから
もっと売れるでしょうね

 


全力! 日向坂46バラエティー HINABINGO! DVD-BOX 【初回生産限定】