何もかもが滑稽

何もかもが滑稽

映画、漫画、アニメなどが好きで、その事についての感想、思ったことなどを書いています。 それ以外の事も時々書きます。

映画「仮面ライダー 令和 ザ・ファースト・ジェネレーション」感想 テーマとストーリーが噛み合ってない 意味不明な内容

f:id:kiitsu01:20191224190729p:plain

どうもきいつです


特撮映画「仮面ライダー 令和 ザ・ファースト・ジェネレーション」観ました

平成仮面ライダーシリーズの20作目で
最後の作品となった「仮面ライダージオウ」と
令和仮面ライダーの1作目となる
「仮面ライダーゼロワン」が共闘する
仮面ライダーの劇場版作品です
人間がヒューマギアに支配されてしまった世界を
舞台にした戦いの中
ゼロワン誕生の真実が明かされます

「怪盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー en film」などを
手掛けた杉原輝昭が監督を務めています

 

あらすじ
タイムジャッカーの介入により
世界はヒューマギアに支配された世界へと
変わってしまった
そんな世界に戸惑いを隠せない飛電或人の前に
アナザーゼロワンが立ちふさがる
一方、世界を本来の姿へ戻すため
仮面ライダージオウ常磐ソウゴが
記憶を取り戻し立ち上がる

 

感想
ストーリーがめちゃくちゃで
意味がわからない
ジオウの持ち味も全く生かせてないし…
アクションシーンに関しても
同じことの繰り返しが続き
途中で飽きてきます
子供ならそれなりに楽しめそうですが…

 

令和初の仮面ライダー「仮面ライダーゼロワン」の
劇場版ということで観に行ってきました

「仮面ライダージオウ」は結構好きでしたし
今放送中のゼロワンも毎週観ているので
本作もとりあえず観に行ったって感じです


今年夏のジオウの劇場版は
なかなかぶっ飛んだ内容でとても楽しめたんですが
今回のゼロワン、ジオウが揃う本作は
正直言ってかなり微妙な出来だと思います

普通に面白くなかったな
って思いました

ストーリーは意味不明でよくわからんし
アクションもあまり良くない

久しぶりに見たジオウのメンバーたちも
なんかパッとしないし
ゼロワンのメンバーも
パラレルワールドでみんな別人

ファンとしてこの映画を観ても
なんかテンションが上がらないんですよね

 

まず、ストーリーの話をすると

基本的につじつまが合っていなくて
あまりよくわからない内容になってます

登場人物たちの目的とかもわかりづらいと思うし
設定もぐちゃぐちゃ
ラストも強引すぎて全然納得できず

ストーリー面がちょっと酷すぎる

多少強引だったりご都合主義だったりしても
仮面ライダー映画ならそんなもんだろ
くらいの気持ちでいつも観てますが
今回はさすがに酷すぎるかな…


具体的に言っていくと

そもそもジオウの設定が
うやむやになってしまってる所が納得できない


ジオウの世界観は過去の世界で
仮面ライダーの力を持ったアナザーライダーが
現れてその時代の仮面ライダーご消えてしまう

そのせいで歴史が変わってしまい
それを阻止するためにジオウが戦うわけです

で、そのアナザーライダーを倒すためには
その基となった仮面ライダーの力か
ジオウⅡでないと倒せない


軽く言ったらジオウの設定は
こんな感じなんですが

この映画ではその設定が
マジでテキトーに扱われる
その設定ありきで観てるこちら側としては
それだけでちょっとパニックです


アナザーゼロワンが生まれてるのに
ゼロワンは消えないし
アナザーゼロワンをゼロワンじゃない
サブライダーが倒してしまうし
結局時間の修正ができてなかったり…

ジオウを知ってれば知ってるほど
これがすごくノイズになる


ゼロワンは敵に変身ベルト奪われて
変身できなくなりますが
別のベルトでいつもと違うゼロワンに変身して
一応能力奪われた感は出してるけど
それはありなのか?
と疑問に思ってしまう

変身できてる時点でゼロワンは
消えてないわけで


アナザーゼロワンの倒しかたも酷いですよね
これは絶対にジオウかゼロワンが
倒さなければジオウの設定から言えば
つじつまが合いませんよ

ここでジオウのゼロワンアーマーが登場するのか?
とかちょっと期待もしましたが
そんなものは全く出てこず

ゼロワンとジオウが倒せなかった敵を
サブライダー2人があっけなく倒すという
なかなか納得のいかない展開でした

 

で、ジオウの設定のことが無くても
いろいろと酷い所が多い

ストーリーがぐちゃぐちゃなんですよ
なんかツギハギって感じがします

ツギハギだったとしても
中心にしっかりしたストーリーがあれば
まだ納得できる内容にはなりそうですが

この映画にはその軸となるものがない

結局、みんな何がしたいの?
ってストーリー

或人やソウゴはただ事件に巻き込まれただけ
敵の目的は意味不明
この映画はストーリーがあるようで無い

なんか面白そうな設定やシーンを
繋ぎ合わせただけだと思うんですよ

ヒューマギアに支配された世界とか
謎のタイムジャッカーとか
或人の父親も仮面ライダーだとか
アナザー1号とか
最後のゼロワンとジオウの戦いとか

とにかく思いつきを無理やり繋ぎ合わせただけで
そこを上手く繋ごうともしていない


タイムジャッカーとかマジで意味不明ですもんね
何者かもわからないし目的も不明
最終的になぜ暴れてるのかもわからない
なぜアナザー1号になったのかも謎

てか、アナザー1号ってなんだよ…


コイツは敵キャラとして最悪ですよね
コイツと仮面ライダーが戦うことで
結局、何と戦ってるのか
なんのために戦ってるのかが
全くわからなくなってしまうんです

アナザーゼロワンと戦ってるときのほうが
まだ戦う意味は感じれましたよ

タイムジャッカーの雰囲気だけはいいですけど
それはただ生駒ちゃんに魅力があるから
ってだけだし…


それと、或人の父親の其雄も同じで
最終的に何がしたいのか謎

途中まではいいんですよ
目的とか彼の思いとかは伝わってくる

ただ、終盤になって
或人に俺を越えろとか言い出してからは
意味不明なキャラになってしまいます

そもそも越える必要あるのか?
越えるってなんだよ?
とかツッコミどころが多すぎる

親子2人が戦う理由もよくわからんし
着地点もよくわからん

最後は感動っぽくなるけど
全然感動なんてできないし

 

敵を倒した後の展開もかなり酷いですね

この一連の記憶を消さなきゃならない
みたいな謎理論を展開して
ゼロワンとジオウが戦う

唐突すぎるし意味もわからない

なんなのこれ?
HiGH&LOWやりたかったんですか?
だとしたらちょっとダサい

 

そして、この映画のメッセージとストーリーが
全然噛み合っていない
そこがかなり問題だと思う

この映画のメッセージはおそらく
仮面ライダーゼロワンが新しい時代の仮面ライダーの始まり
ってことだと思うんですよ
令和の仮面ライダー1号みたいな感じを
すごく推してますしね

でも、この映画のを観ても
そんなメッセージを微塵も感じれない

口で説明してるから
なんとなくそれがメッセージだとわかるけど
この映画のストーリーにそれが
全く込められてない

このストーリーから感じれるのは
薄い親子愛くらいで
それ以上のものなんて全く無いです


アナザー1号と戦うことでそれを
表現してるのかもしれないけど

そもそもアナザー1号がなんなのかわからんし

無理やり仮面ライダーは悪の力
とか変な理論を展開しますが
その辺もよくわからない

敵に改造されてその力で戦ってるから
っことだと思うけど
ストーリーと全然つながってないしね

ゼロワンもジオウもそんな設定無いし

そこから
ゼロワンが新しい仮面ライダーの始まり
って部分にもつながってこない


仮面ライダー1型の存在も同じで
ゼロワンが1型を越えることで
新たな時代を切り開くって表現かもしれないけど

そもそも越えるという意味がわからないし
越えたところで
それが新しい仮面ライダーの始まり
というところには繋がっていきません

てか、この1型が映画で初登場の映画オリジナルの
仮面ライダーって時点で
1型が始まりの仮面ライダーということに
ピンとこないし


この映画はメッセージとストーリーが
全く別物なんです

逆に斬新ですよ
そんな作品見たことないし


他もツッコミどころは多いです
時間が修正された理由は意味不明ですし
人間とヒューマギアは共存するべきって話の後に
人間がヒューマギアを銃で乱射してたり

話作りが基本テキトーですよね
もっと丁寧に作ればどうにかなることも
ありそうですが…

 

アクションシーンに関しても
最初は良かったけど後になればなるほど
つまらなくなってくる

戦闘シーンが同じことの繰り返しで
全然メリハリがない
銃を乱射してるかただ殴りあってるかの
2パターンですから

派手なシーンが多かったので
最初のほうは楽しめます

ただ、そこからは尻すぼみ

仮面ライダーに変身してからの戦闘も
すごく地味なんですよ
それぞれの仮面ライダーの特性を生かした
戦いとかも全く無いし

てか、フォームチェンジ全然しませんから

これがマジで不満です

必殺技とかフォームチェンジを
バンバン使えば単調な戦闘にもメリハリが生まれて
飽きもしないと思うんですが…

ジオウなんてフォームチェンジめっちゃ多いし
それを見せるだけでも画面映えするでしょ

でも、実際はみんな通常フォームで
ただひたすら殴りあってるだけ

ゲイツ、ウォズも最後まで通常フォームだけ
バルカン、バルキリーも同じ

ここまでフォームチェンジがなければ
たぶん手抜きですよ
面倒くさかったんでしょうね
いちいちスーツを変えるのが


やたら銃撃戦のシーンとか頑張ってましたけど
頑張るとこそこか?
とも思わされましたし

やたら大人数での戦闘が多くて
派手には見えるんですけどね

ずっと同じような戦いが続けば
さすがに飽きてきます

 

唯一良かったと思ったのは
本作のオリジナル仮面ライダーの
仮面ライダー1型のデザインが良かったこと

普通にカッコいいと思えるデザインでした
初代の仮面ライダーを意識した風貌が
とても良かった

まあ、それくらいしか褒めることがない

 

個人的に仮面ライダーの劇場版としては
かなり嫌いな部類かもしれません

今年夏のジオウ劇場版は良い意味で
意味不明な映画でしたが
今回の劇場版は悪い意味で
意味不明な映画でしたね

新時代の仮面ライダー劇場版1作目としては
最悪なスタートだと思いました

まあ、子どもなら楽しめると思うし
仮面ライダーなら無条件で絶賛するファン層も
いると思うので
これはこれでありなんじゃないですかね?
知らんけど

 


仮面ライダーゼロワン Blu-ray COLLECTION 1