何もかもが滑稽

何もかもが滑稽

映画、漫画、アニメなどが好きで、その事についての感想、思ったことなどを書いています。 それ以外の事も時々書きます。

映画「マスカレード・ホテル」感想 面白がった ただ、テレビドラマの延長線上なのは否めない

f:id:kiitsu01:20200109213253p:plain

どうもきいつです


ミステリー映画「マスカレード・ホテル」観ました

東野圭吾のベストセラー小説
マスカレードシリーズの第1作
「マスカレード・ホテル」を実写映画化
連続殺人事件の新たな現場となるとされた
ホテルを舞台に
エリート刑事とホテルの従業員が犯人を追う物語

テレビドラマ「HERO」シリーズなどの
鈴木雅之が監督を務め
主演は「HERO」シリーズでも主役を務めた
木村拓哉です

 

あらすじ
都内で3件の不可解な殺人事件が発生し
現場には不可解な数字の羅列が残されていた
刑事の新田浩介は数字が次の犯行現場を
予告していることを突き止め
次の現場とされるホテル・コルテシア東京で
潜入捜査に乗り出す
優秀なフロントクラークの山岸の指導を
受けながら新田は宿泊客の素性を暴こうとする

 

感想
面白く観れました
伏線回収も良かったと思うし
ミステリーとして引き込まれる内容
でも、やっぱりテレビドラマ感はすごくある
あと詰め込みすぎな気もした

 

前から気にはなっていたけど
スルーしていた映画

たまたまテレビで放送されていたので
観てみました


東野圭吾の作品は特別好きではないし
小説も読んだことありません
なので原作と比較することはできませんが

本作はなかなか面白く観れました

犯人は誰なのか?
というミステリーな部分に最後まで引き込まれたし
なによりキムタクがキムタクでとても格好いい
長澤まさみもすごく魅力的

謎解きもそれなりに楽しめました
伏線回収はわかりづらすぎず
でも、説明しすぎてもいない
ちょうどいいバランスだったと思います

 

まずはキムタクが演じる
主人公の新田が魅力的だと思います

キムタクってどんな役をやっても
いつもキムタクでしかありません

なので、作品のキャラにそれがハマらなければ
全然魅力を感じれないんです
逆にハマればすごく魅力的なキャラになる

で、本作の場合はハマっていると思います

キムタクがキムタクらしく
生き生きとしています

さすが「HERO」で一緒にやっていただけはある

監督はキムタクがどうすればカッコいいのかを
わかっているんだと思います

キムタクのナルシストな雰囲気を
嫌な感じではなく
カッコよく見せることができてる

コミカルなシーンも
シリアスなシーンも
ぶちギレたシーンも
どれもがキムタク
それ以上でもそれ以下でもない

悪く言えばいつもと同じな訳ですが
でも、キムタクという存在は唯一無二だとも
思うので
いつもと同じでいいと思う

そのいつもと同じキムタクをどう生かすのか
というのが重要

本作はキムタクがちゃんと生きていました

 

次にストーリーですが

とてもシンプルでわかりやすいミステリーで
ライトな気持ちで楽しめるエンターテイメント
だったと思います

伏線もいろいろと散りばめられていて
なんとなくわかりやすいけど
説明しすぎてもいないので
映画を観ながら主人公と一緒に
謎解きしてる気分を味わえます


オムニバスのように繰り広げられる
それぞれのエピソードも
わかりやすく感動できるような
いい話だったりするし


新田と山岸とのやり取りや
絆が深まっていく描写も良かったと思う

はじめは相容れない水と油のような
2人ですけど
そんな正反対の2人が
徐々に良いコンビになっていく物語は
個人的にもすごく好きな内容

この2人を中心としたドラマは
面白く観れました


全体的に万人ウケするような
わかりやすくてライトな映画
だったと思います

 

とは言え
やっぱりテレビドラマの延長線上の映画
なんですよね…

正直言って
テレビで放送されているのを観たから
面白いと思えたのかもしれません

これを映画館で観ていたら
感想が違っていたかも


豪華なキャストを映画館で見れるだけで
テンションが上がり満足できるミーハーな人も
たくさんいるでしょうけども

僕は有名な芸能人キャストとかには
ほとんど興味が無いので
それだけでは全然満足できない

ラストの出演キャストの表示に
明石家さんまがあっても
全然テンションなんて上がらないです


ストーリーや演出も
やはりテレビドラマっぽい

なんか無駄に感動話にしがちだったり
無意味によくわからない
カッコいいっぽい演出をしていたりと

簡単に言えば
ちょっとダサい

映画にしてはチープに思えてしまいます

映像とかホテルの内装とか
出演キャストの豪華さなど
すごそうな要素は
たくさん詰め込まれているのに

総合的に安っぽく見えてしまうのは
否めないと思います


あと、音楽も好きじゃないですね

感動的なシーンに感動っぽいBGMを
流すのは本当にダサい

それも毎回そんなシーンにそんな曲を流すから
くどくて聴き心地が悪い

 


それに、2時間ほどの中に
詰め込みすぎのような気もします

それぞれのエピソードの感動要素なんて
全然いらないと思うんですよ

そんな感動エピソードなんて
軽く流してしまって
もっとメインの事件の部分を深く見せて欲しい

それぞれ単体のエピソードも
一応事件のヒントになってたりもするんですが
さほど繋がりはなかったりする

メインの事件のミスリードの役割が
あるのはわかるんですけども
結局、単体で毎回解決してしまうから
ミスリードの役割も
そこまで果たしてない気もしますし

それらのエピソードが無駄に主張
してしまっているせいか
全体のまとまりも悪くなってると思うし


で、最終的には犯人の描写が
すごく薄くなってる

こんなエピソードに時間を費やすのなら
犯人をもっと深く掘り下げるべき

全く犯人に魅力が無いんですよ

常軌を逸した狂気を感じなければ
人を殺してしまうほどの怨念も
感じることができない

だから、犯人が発覚してからは
ちょっと盛り上がりに欠ける

謎解きに関しては
そういうことだったんだ
と納得はできるけども
それ以上に感情は昂りません


さらに、豪華キャストというのが
この作品の場合は仇となってる

この映画に登場する人たちは
もれなく有名芸能人
誰もが一度は見たことのある顔が
揃っています

だからこそ犯人がわかってしまう

明らかに1人だけ
変装して誰だかわからない人がいるんですよ
それも重要そうな人なのに

これは怪しすぎですよね

他の人はちょい役でも有名人なのに
この人だけ全然誰だかわからない

そして、案の定この人が…

しかも、タイトルが「マスカレード・ホテル」
もう犯人を言ってしまってるようなもの

終盤の展開で
この変装していた人はあの有名女優でした!!
って言われても
重要なのはそこじゃないし…


とにかく
もう少しやりようはなかったんですかね?
これじゃあ犯人がわかりやすすぎる

せっかく伏線とかいろいろ用意してるのに
これはちょっともったいない


まあ、いろいろと文句も言いましたが
それなりに楽しめる映画ではありました

芸能人が好きなミーハーな人たちは
この豪華キャストで大満足だろうし
テレビドラマっぽいというのも
良く言えばライトで取っつきやすい

軽い気持ちで見れば全然面白く観れる映画
だったと思います

 


マスカレード・ホテル Blu-ray豪華版(4枚組)