何もかもが滑稽

何もかもが滑稽

映画、漫画、アニメなどが好きで、その事についての感想、思ったことなどを書いています。 それ以外の事も時々書きます。

映画「リチャード・ジュエル」感想 決めつけられた方はたまったもんじゃない…

f:id:kiitsu01:20200120012732p:plain

どうもきいつです


ドラマ映画「リチャード・ジュエル」観ました

1996年のアトランタ爆破テロ事件を
題材にしたノンフィクション映画
テロの容疑者とされた爆弾の第一発見者と
弁護士が無実を証明するために戦う物語

監督は「運び屋」「ハドソン川の奇跡」などの
クリント・イーストウッドが務めています

 

www.nanimokamogakokkei.com

 

あらすじ
1996年、オリンピック開催中のアトランタで
爆破テロが発生する
警備員のリチャード・ジュエルが
爆弾の入ったバッグを発見し多くの人の命が救われ
彼は英雄と称えられる
しかし、状況は一転し爆弾の第一発見者
ということで彼はFBIに逮捕されてしまう
ジュエルと彼の弁護士は無実の罪を晴らすため
戦いうことを決意するが

 

感想
理不尽な現実を突きつけられ
胸糞悪くなる映画でした
偏見にまみれたマスコミ、FBIには
観ていてイライラが止まらない
そして、これは他人事ではなく
自分自身にも降りかかることだとも思える
誰しもがどちらの立場にもなりえる話

 

クリント・イーストウッドの新作映画
ということで楽しみにしていた作品
いつものごとく実話を基にした作品です

毎回のことですが
この監督の映画は現実を突きつけられ
いろいろ考えさせられますね

今回の場合は
マスコミや警察が偏見による決めつけで
1人に人間の人生が壊れてしまう話

こんな冤罪の事件は日本でもありますし
身近な題材とも言えます


この映画を観て感じるのは
やっぱりマスコミのことですよね

警察のことも嫌いにはなりますが
なによりもマスコミが大嫌いになる
もともとマスコミは好きではないですが…

今も昔も国も関係なく
やってることは変わらなくて
あきれてしまう気持ちもあります


はじめは爆弾を発見して被害を押さえたジュエルを
英雄として持ち上げるんですが
FBIに容疑者として挙げられていることが
発覚すると
一転して全てが犯人扱いで報道する

しかも、この決めつけの根拠は
ジュエルがなんか犯人っぽいから
ただそれだけんんですよね

見た目が太っていてだらしなくヤバそうな奴だから
過去にちょっと問題を起こしていたから
それだけの理由で証拠もほとんどないのに

FBIは彼を犯人に仕立て上げようとするし
マスコミはFBIに目をつけられている
という理由から完全に犯人として報道しているわけです


で、そんなジュエルに疑いの目を向ける
FBIの捜査官やマスコミの女性記者の
原動力がメンツや自分の成功だったりする

そういうのが余計に腹が立つんですよね
自分の利益のためだけに
他人の人生をぶっ壊しているんですから

人々のために絶対に犯人を逃したくない
国民に真実の報道を伝えたい
って理由で間違ったことをしてしまったのなら
100歩譲ってまだ許せますけども

この映画で描かれている人たちは
そんな大義名分があるわけでもないですから

そんな理由で犯人に決めつけられたら
たまったもんじゃないです

警察が大した証拠もなく
ジュエルが犯人っぽいってだけで
あそこまで酷い捜査をするのもどうかと思うし
ジュエルに群がってくるマスコミ
決めつけだけで好きかって言ってるテレビとか

とにかく、FBIとマスコミには
めちゃくちゃ腹が立たされる


ただ、そんなクソみたいなFBI、マスコミに
腹が立たされつつも
ジュエルも疑われて仕方がない人間性が
描かれてるんです

正直言ってジュエルはどうしようもない男です
と言うか人間性に欠陥があると思う

そもそも、まともな仕事にも就けておらず
そのくせ理想だけは一丁前
典型的な‘’本気出せば俺はやれる系”の
痛いヤツ

彼の正義感に関しても同じで
正義感があるのは良いんですが
なんかちょっとずれてる

大学での警備員のエピソードなんかも
明らかにやり過ぎなんですよ
自分の求められていること以外のことまで
手を出してしまっている

他にも
喋るなと言われているにもかかわらず
余計な事をベラベラと喋ったり
重要な事実を隠していたり

なかなかダメ人間だと思います


その反面
そんな痛い性格が幸いして
爆弾発見にも至りましたし
スニッカーズのエピソードは
良く考えればキモいですけども
それがきっかけで弁護士のワトソンとの
絆が生まれたりもするわけですが

まあ、ジュエルは
痛いヤツだし過去に問題も起こしてるし
見た目も良くないし
疑われても仕方がない人なんです

 

この映画ではジュエルをそう描くことで
よりこの事件の問題点が
浮き彫りになっているんだと思います

確かにジュエルは犯人っぽい人間ですけど
その事とこの事件の真相とは全く別問題

ジュエルの人物像とそれを犯人像に結び付けるのは
間違ったことですからね
第一発見者を疑うのは普通のことですけど
その後のジュエルを犯人と決めつけての捜査は
明らかにおかしいし
結局は真犯人からは遠ざかってる


マスコミに関しても
しっかりとジュエルのことを調べて
真実を伝えている部分もありますが
ジュエルの人物像や過去の経歴などは
事件には全く関係ない

それを面白おかしく報道して
さらに無いことや憶測まで付け足し
ジュエルを吊し上げる

そんな欺瞞だらけのマスコミの姿を見せられると
マスコミの問題点なども考えさせられます

 

そして、この映画を観てもう1つ思ったのが
本作を観て
FBI、マスコミをクソだと思った自分たちも
また同じく問題を抱えているということ

マスコミの情報に踊らされて
知ったように対象を批判するのは自分たちです

当時もマスコミの情報に踊らされ
ジュエルを称賛したり犯人扱いしたりも
市民はしているはず
受け取る側がそうだから
マスコミも過剰になってしまう面があると思う

この映画を観ている人も
この事件が過去の出来事で
ジュエルが冤罪だとわかってるし
ジュエルの目線で描かれた物語だから
ジュエルを犯人だとは疑わないけど

もし、当時リアルタイムでこの報道を見ていたら
この事件をどう思っていたか?
たぶん報道を鵜呑みにしてしまうんじゃないかと思う


それだけでなく
この映画を観てFBIやマスコミを
批判したくなるけど
これはジュエル目線の物語で映画でもある

これをすべて真実として受け取り批判してしまえば
結局、この事件でマスコミを信じて
ジュエルを犯人扱いしていた人たちと
やってることは同じ

この映画で描かれているFBIの捜査は
どこまで正しく描かれているのか?
マスコミの女記者はあまりにテンプレで
極端な描き方をされていないか?
と思える部分もある

確かにこの映画はほとんどが事実だと思うし
そこから冤罪の怖さや
一般人が政府の力に立ち向かう難しさが
描かれていて
社会の問題が浮き彫りにされている作品で
とても考えさせられる

ただ、この映画は
作品全てを真実と鵜呑みにして
FBIやマスコミを批判するための映画ではなく

これを観て今の社会の問題点に気づき
現代社会について考えたり
自分自身は大丈夫か?
と自分の姿と向き合うための映画だと思うんです


この映画はジュエルの冤罪を晴らすための戦いを
描きながらも
客観的に見ることのできる映画だったとも思います

FBIやマスコミの問題点も見せつつ
ジュエル自身の人として欠けた部分も描かれていて
中立的な目線のように感じました

とは言いつつ
マスコミは批判したくなりますが…


最後にはジュエルの無実が証明されますし
後味の良い終わり方でスッキリです

FBIと戦うジュエルと弁護士のワトソンの姿も
グッとくるものがあるし
映画としても普通に楽しめる
なかなか面白い映画でした

 


運び屋 4K ULTRA HD&ブルーレイセット (2枚組) [Blu-ray]