何もかもが滑稽

何もかもが滑稽

映画、漫画、アニメなどが好きで、その事についての感想、思ったことなどを書いています。 それ以外の事も時々書きます。

映画「リメンバー・ミー」感想 なんでこんなに毎回泣けるのか

f:id:kiitsu01:20200302004924p:plain

どうもきいつです


アニメ映画「リメンバー・ミー」観ました

メキシコの祝祭「死者の日」をテーマにした
ピクサー・アニメーションによる長編アニメ
死者の国に足を踏み入れた少年が
壮大な冒険を繰り広げる物語

「トイ・ストーリー3」のリー・アンクリッチ監督と、制作を担当したダーラ・K・アンダーソンが
再び集結して製作

 

あらすじ
過去の出来事が原因で
家族から音楽を禁止されている少年ミゲルは
死者の日に開催される音楽コンテストに出ることを決意する
そして、コンテストに出でるためのギターを手に入れるために
伝説的ミュージシャンの霊廟に飾られていたギターを手にするが
それをきっかけに死者の国に迷い込んでしまう

 

感想
すごくベタでよくあるような内容だと思うけど
いつも最後には涙してしまう
世界観の描き方や映像のクオリティなどは
さすがのピスサーという感じで
とてもレベルが高いです
普通にいい映画だと思います

 

テレビでやっていたので久しぶりに観てみました

やっぱり泣ける

初めて観たときも泣けたけど
この映画は何回観ても心にグッときますね
何故こんなにも泣けるのか?

すごくシンプルでありがちな内容なんですけどね

ストーリーは少年の成長物語で
少年ミゲルが死者の国に迷い込んで帰ってくる
ってだけのシンプルなストーリー

その中でドタバタ騒動を起こしたり
いろんな苦難を乗り越えてミゲルが成長していきます

その物語がベタと言うか
王道ですごくわかりやすいんですよね

自分の過ちで周りの人たちを巻き込んで
でも、最後には反省して少年が少し大人になる
直球すぎるほどよくあるお話で

正直言って、先の展開なんて丸わかりだし
予想外のことなんてほとんどない

こっちが思った通りに話が流れて行く

しかし、だからと言ってつまらないわけではなく
それを彩る世界観、映像、キャラクター、音楽など
それらが想像以上に魅力的で
むしろ、このシンプルなストーリーだからこそ
それらが輝いているようにも思えます


メキシコを舞台にした世界観も面白いですよね
日本で言うお盆のような祝日を舞台に
死者の世界が描かれていて
日本人でも馴染みがあって入り込みやすい世界観だと思います

世界のルールもわかりやすくて
しかも、それをちゃんとストーリーに生かされていました

ルールは大きく3つあり

死者たちは死者の日にだけ生者の世界を訪れる事ができる
でも、生者の世界で写真が飾られていないと
訪れる事はできない

生きた人間が死者の国に迷い込むと
死者の国の家族の赦しをもらわないと帰れない
夜明けを過ぎると死者になってしまう

死者にも死があり
生きている人間から忘れてしまうと
その人間は2度目の死を迎え消えてしまう

そんな3つのルールを上手くストーリーて絡めて
面白く飽きさせない作りになっている
それがこの映画のテーマにもちゃんと繋がっていて

全体的に王道でシンプルな映画だけど
かなり練って作り込まれた映画だとも思います


そして、映像なんですけども
クオリティが高いのはいつものことながら
世界観にしっかりとマッチしているデザインにもなっていて
とても魅力的な映像です

メキシコ特有のカラフルな色彩や
お祭りのドクロなどの独特なデザインセンス

それらをそのまま流用するのではなくて
アニメ映画だからこそのデフォルメで
とても可愛く表現されています

死者の世界の動物たちも
メキシコのカラフルな木彫りの動物をモチーフに
とても面白いデザインになっていますしね

死者の国の街並みもとても美しく
それだけでなくちょっとカオスだったりもする
この街並みだけでもワクワクさせられます

マリーゴールドの橋も印象的でしたね
すごく綺麗な映像です

この映画は全体的に光の表現にこだわっていたように思う
ただキラキラと輝いているだけでなく
ほんのりと明るかったり
暗闇だからこそ感じれる明るさだったり

優しい光を描いていて
それにどことなくほっこりとさせられる
気持ちにもなりました

 

そして、キャラクターも魅力的で

主人公のミゲルは可愛さもありつつ
観ている側も共感できるような悩みを抱えていて
とても感情移入させられてしまう

主人公としての存在感をしっかりと感じれます
これも主人公としてはとてもベタだけど
だからこそわかりやすくキャラクターを理解できる


お調子者のへクターは
テキトーでだらしない奴だけど
優しい人間味が溢れ出ていて全然憎めない
物語が進むにつれ好きになっていくキャラクターです

ミゲルとへクターがとても好感の持てるキャラクターだから
最後までこの映画を観たくさせられるし
この2人を見てると楽しくもなってくる


さらに、キーパーソンであるココが
とても素晴らしいと思う

ほとんど喋るシーンも無く
若干ボケ気味のおばあちゃんなんですけども

その風貌だけで全てを物語っているというか
その存在だけでこの物語の全てを担っているように思えるんですよね

顔のしわの表現とかもかなりこだわっていると思いますし
見た目だけで何かを伝えるというのは
アニメだからこその表現方法だとも思います

そういう表現で何かを伝えるというのは
とてもピクサーらしいとも言える

さすが世界のピクサーと感心させられました

 

で、この映画のメッセージ性も
押しつけがましくなくとても心に刺さる内容でした

家族への愛か自分の夢か
どちらかを選べという話なんですけども

普通なら
自分の夢のためにその他を犠牲にする話になったり
逆に、やっぱり何よりも愛が大切だよね
って話になるのが定番です

でも、この映画は
そもそも、その2つを比べてどちらかを選ぶのは
おかしくない?
というメッセージが込められている

言われてみれば確かにそうで
別に大事なものは1つじゃなくていいし
手に入るならどっちも欲しいですよね

てか、よく考えればこの2つは別問題なようにも
思えますし

そんな柔軟な考え方は
ハッとさせられるところもあったし
ちょっと安心もさせられる

ミゲルのどちらも選ぶという決断には
優しさを感じて
最後にはあったかい気持ちにさせられました

 

この映画が泣けるのは
やっぱりすごく優しい映画だからなのかもしれないです
押しつけがましくないメッセージを
決して言葉だけで訴えるのではなくて
映像でなんとなく伝えてきたりもする

そういう表現だからこそ心に直接響くのかもしれません
わざとらしく泣かそうとする下品な演出が無いのが
この映画が泣ける理由だと思います

本当に良い映画
やっぱりピクサーはすごい

 


リメンバー・ミー MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]