何もかもが滑稽

何もかもが滑稽

映画、漫画、アニメなどが好きで、その事についての感想、思ったことなどを書いています。 それ以外の事も時々書きます。

映画「若おかみは小学生!」感想 思ったよりハードな設定 最後はちょっと感動した

f:id:kiitsu01:20200518183551p:plain

どうもきいつです


アニメ映画「若おかみは小学生!」観ました

人気児童文学シリーズ「若おかみは小学生!」を
アニメ映画化した2018年の作品
小学6年生のおっこが旅館の若おかみとして成長する姿を描いた物語
テレビアニメと同名タイトルですが
一作完結の独立した作品になっています

監督は「茄子 アンダルシアの夏」を手掛けた高坂希太郎
脚本は「映画 聲の形」などヒット作を多く担当する吉田玲子
声のキャストはテレビシリーズと同じく小林星蘭、松田颯水、水樹奈々らが務めています

 

あらすじ
交通事故で両親を亡くした小学6年生のおっこは
祖母が経営する旅館「春の屋」に引き取られる
そして、旅館に住み着く幽霊のウリ坊に出会い
ひょんなことから若おかみの修行を始めることに
おっこは不思議な仲間たちに支えられながら
個性的なお客間をもてなそうと奮闘するうちに
少しずつ成長していく

 

感想
おっこが小学生なのにしっかりしすぎ
大人よりしっかりしてる
登場人物たちが可愛らしく好感が持てるし
ストーリーはほっこりといい話
最後にはちょっと感動させられた

 

評判がいいし前からちょっと気になっていた作品
テレビで放映されるということで観てみました

 

絵柄はいかにも子供向けの可愛いタッチですが
大人が観てもそれなりに楽しめる映画だと思います

子供向けのわりに
主人公おっこの境遇がなかなか重かったりもして
少し驚かされた

とは言え
そんなに重たいストーリーでもなく
ポップで明るい雰囲気のある楽しい映画でもあります


まず、登場人物たちがとても魅力的だし可愛い

主人公のおっこは元気で明るい女の子って感じで
とても可愛らしく
健気に努力してる姿には心打たれたりもします

何より小学生とは思えないほどしっかりしてる
両親を事故で亡くしているのに
それを受け入れ前に進もうとしているんですよ

普通ならめっちゃウジウジして
そこから立ち直るだけで一本の映画を作りがちですが
本作は序盤から
おっこがそれを乗り越え前進しようと言う気持ちが伝わってくる

彼女なりに無理はしてるかもしれないけど
それでも明るく振る舞い
若おかみとしてお客様に満足してもらおうと
日々努力をしているわけです

その日常はコミカルで明るく描かれていますけど
なんか泣けてくる

大人よりしっかりしてますよね

本作ではおっこがとても魅力的で
この作品の魅力そのものと言ってもいいと思います


おっこ以外のキャラも魅力的で

幽霊のウリ坊やみよ
妖怪なのかよくわからない鈴鬼
おっこのライバルの真月
旅館で働く人々
旅館に訪れるお客様

みんな魅力的でこの作品を彩っている

それぞれみんな面白いし可愛らしいし
好感が持てるキャラが多いですね

そんな個性的なキャラたちが
互いに影響しあって成長していくドラマも面白かったです

 

ストーリーは短編を繋ぎ会わせたような作りで
おっこがいろんなお客様をもてなすことで
少しずつ成長する姿を描いています

これはシンプルでとてもわかりやすい
子供でも理解しやすいでしょうし

それに、おっこが若おかみとして努力し成長していくという
一本筋の通ったメインの物語があるから
いろんな要素がありつつも最後までブレないから
物語に没頭することができました

それぞれ、そこまで深いエピソードってわけではないけど
おっこが成長するには納得できる内容

少しずつ試練を乗り越えて強くなっていくおっこには
応援したくなるし少し感動もさせられます

 

そして、アニメ映像のクオリティも高かったと思います
子供向けのアニメってあまりクオリティが高くないやつも多いですが
本作はとても美しい映像です

背景はとてもで細かく描かれていますし
人物の動きとかも滑らかできれい

細かく繊細に描かれているけども
シンプルさもあってごちゃごちゃしていなく
とても見やすい

色彩は色鮮やかで作風にも合っていて
楽しい気持ちにもさせられます

やっぱりクオリティの高いアニメは
観ていて安心感がありますよね

そういった点でも本作はとても魅力的だと思います


とてもいい映画ではありましたが
ちょっと描写不足に感じてしまったのは否めないです

90分ほどと短い作品ではあるので
描写するには限界があると思いますが
それでももう少し深掘りしてほしかった

特におっこの周りにいる
ウリ坊、みよ、鈴鬼は魅力があるのに
存在感は薄かった
重要なキャラなのにストーリーにあまり絡んでこなかったりするので
もったいないなと思います

もう少しエピソードに絡んできてもよかったと思う
ただ、おっこを応援しているだけのキャラで終わっていて
そこから先が無かったのは残念です

鈴鬼とか結局は何なのかよくわからなかったり…

このキャラたちが軽くでもおっことの絆が深まるエピソードなんかを
見せてほしかったですね


それと、おっこの若おかみとして成長していく部分も
少し薄かったように思う
なんか全てがトントン拍子過ぎるというか…

もうちょっと壁にぶち当たるとか
思い通りにいかないみたいな描写があった方が
より成長に感動できると思うし

おかみの修行なんかも
もっとやってる風に見せてほしかったです

早い段階で上手くこなせすぎてるので
ちょっと面白みが少なかったように思います


まあ、時間的にも限界だろうし
詰め込み過ぎればそれはそれで微妙になりそうですし
これくらいで丁度よかったのかもしれません

最終的には感動もさせられたし
いいストーリーだったと思います

 

あと、映画の内容とは関係ないですが
このタイプの映画が出てくると
毎回必要以上に持ち上げられますよね

それがちょっとムカつく

感動して泣けるとか
大人が観ても面白いとか
やたら持ち上げる人がいますけど

そんな人は大抵
その言葉の前に“子供向けだと思ってたけど”が入るんですよ

その時点でこういう作品を下に見てる
それがちょっとムカつく

別に子供向けの作品でも素晴らしい作品はたくさんあるし
たまにこんな作品だけを無駄に持ち上げるとバランスが崩れるんだよ

あくまで子供向けの作品だけど
だからこそ大人が観ても素晴らしい作品

そこを大人が観ても感動して泣けるってとこばかりをプッシュするから
なんかおかしなことになってくる


この映画はいい映画だとは思うけど
こういう持ち上げ方するのは
なんか違うと思うんですよね

 

最後は内容と関係ない話になりましたが
とにかく、本作はクオリティが高い良い映画だと思います

こんな作品は子供にも見せたくなりますよね
おっこの健気で強い姿には
大人である自分も見習いたいと思わされました

 


劇場版 若おかみは小学生!Blu-rayスタンダード・エディション