何もかもが滑稽

何もかもが滑稽

映画、漫画、アニメなどが好きで、その事についての感想、思ったことなどを書いています。 それ以外の事も時々書きます。

YouTubeまじでつまらなくなったな

f:id:kiitsu01:20200611162418p:plain

どうもきいつです


今やテレビの時代からうってかわって
YouTubeの時代に変わってしまいましたが

YouTubeつまらなくなってないですか?

ここ最近というより
個人的には2、3年前くらいから
すでにつまらなくなる方向に進んでいたと思うんですよね

 

まず、僕はYouTubeのヘビーユーザーというわけではなく
自分で動画を作ったことも全くありませんが

サービスが開始したころからよく利用していましたし
今でもよく見ています

とは言え
いわゆるユーチューバーの動画にはさほど興味が無く
どんな人がどんな動画を投稿していて
誰が今の人気者なのかとかは全然知らない

よっぽど有名な人はさすがに知っていますし
そういう人たちがどんなことをしているかも
それなりに知っていますが
詳しくはないです


そんなライトにYouTubeを楽しんでいる僕なんですが
だからこそかYouTubeがつまらなくなってきてる
と感じているのかもしれない

 

僕の思うYouTuberの面白さって
何でもありのカオスなところなんですよ

世界中の誰もが動画を投稿でき
それを世界中の誰もが観ることができる

どこの馬の骨ともわからないヤバい人の動画から
ちゃんとした企業が作ったPVまで

そこには国境も身分も人種も関係なく
様々な表現をいつどんな時間でも見ることができます

探せば違法ギリギリの動画…
というか完全にアウトな動画もたくさんある
口ではそんな動画はダメと言っておきながら
正直、そんな動画も普通に見てしまってたりします

そんなヤバさ含めて
混沌とした世界に面白さを感じる

そんな中から掘り出し物の面白動画をみつけたり
ためになる素晴らしい動画を発見したり
感動的な芸術作品に出会ったりもできる

無数にある動画の中から
一期一会で自分の心に刺さる動画を
偶然引くことができる
そんなランダム性も面白かったりします

掘り下げれば掘り下げるほど
奥が深くて興味深い世界

それがYouTubeの魅力だと思います

 

しかし、今のYouTubeは
そんな面白さが薄まってきているように思える

表面的には
小学生の憧れの仕事にユーチューバーが入っていたり
テレビで活躍しているような有名な芸能人なども
YouTubeに参入してきたりと
今までに無いくらいの盛り上がりは感じます


でも、僕が感じるのは
テレビがつまらなくなったのと同じ理由で
テレビ以上のスピードでつまらなくなってきてる


僕はテレビも大好きで
つまらなくなったとは思うけど
いまだにテレビもよく見ます

僕が子供の頃はテレビ全盛期の時代で
そんな時代からテレビを見ている僕が思う
テレビがつまらなくなった理由は

明らかに視聴者に媚びすぎているところ

いかに視聴率を稼ぐか
クレームの来ない番組を作るか
そんなのばかりで

その結果、当たり障りのない量産型のテレビ番組ばかりになってしまった
クイズ、食べ物、おもしろ動画
ゴールデンタイムはそんなのばっかり

探せば面白い番組もあるけど
昔のような勢いは完全に無くなっています

 

で、YouTubeの話に戻すと
こっちも同じ道をたどってる

視聴者に媚びて量産型の動画が増えすぎ

新しくYouTubeはじめる素人も
テレビから参入してきた芸能人も
こぞって同じことばかりしてません?

テレビ以上になんでもありで規制も緩い場所なのに
今やテレビ以上にみんな同じことしかしてない

そりゃ探せば今でも独創的な動画はたくさんあるけど

結局、表面に出てくるのは
○○やってみた、商品紹介、ゲーム実況みたいな
これぞユーチューバーっぽい動画
そんなのばっかですやん

あとは大きい企業のPR
動画配信サービスに誘導するアニメ配信とか
歌手のMVとか


まあ、こうなってしまった原因は明確で
YouTubeという場所がただの金儲けの場と化してしまったからですよね

ユーチューバーって言葉が普通になり始めて
ユーチューバーが1つの職業として認められてきた頃から

YouTubeで動画を投稿する=お金が発生しなければ意味が無い
になってしまった

だから、みんな登録者数や再生数ばかりにこだわり
こうすればバズる
みたいな先人の言葉を鵜呑みにして
みんなそのマネばかり

いつの間にかユーチューバーとはこういうもの
って謎の常識が生まれて
みんなその型にはまってしまってる

ユーチューバーの編集方法とか
何故かあのカクカクとした不自然な間の詰め方が
当たり前になってたりするし
正直、個人的にはあれ気持ち悪いんですよね…

 

今のYouTubeは面白さよりも
如何に数を稼げるかが重要になってしまった

つまらないマンネリな動画でも
再生数や登録者数を増やすノウハウさえあれば
上位に行くことができる

面白くなくても有名芸能人なら
簡単に数を稼げる


そうなってしまうと
好きなことをやってるだけの本当に面白い人が埋もれて終わってしまうし
趣味でやってるだけの人も
全然目立つことがなくいつの間にか辞めてしまう

結局、生き残るのは数稼ぎが上手いだけの
つまらない動画なんですよ

 


そして、これは作り手側だけが悪いのかというと
たぶんそうではなくて

見るほうがバカになってきてるのも原因

悪い言い方をすれば
騙されていることに気付いてない人たち

つまらない動画なのに
流行ってるとか、なんかすごいらしい動画だという
それだけで群がってるんですよ

と言うか
そもそも面白さなんて求めていないのかも

これはYouTubeだけに限った事じゃないけど
頭を使わなくてできる暇つぶしを
現代の多くの人たちが求めている


YouTubeに関しては
本当は掘り下げていろんな動画を見つけることに
面白さの本質があるのに

今のYouTubeの視聴者のほとんどは
そんな面倒くさいことはせずに
上澄みの部分だけをすくって楽しんでると思い込んでいる
何が面白いのか何が素晴らしいのかは考えず
ただそれっぽい動画を見てそれっぽく楽しんでるだけ

 

これは今の映画、漫画、ゲーム、音楽なんかの他のジャンルでも
同じ事が言えると思います

受け取るだけで何も考えてない人がすごく多い

例えば映画にしてみても
みんなが面白いと言ってるから面白い
ディズニーだから面白い
とか、自分でどう思ったかの部分を考えてなかったりする人が多いですよね


漫画もなんか流行ってるから
という理由で行列に並んで買ったり

ゲームは何も考えずに暇をつぶせる
ガチャを引くだけの作業ゲームをひたすらやったり

 

そんな人たちを見てると
ただ時間とお金を暇つぶしのためだけに浪費しているように思えて
すごくもったいないなと感じてしまう

僕はたとえ趣味でも
いろんなものに触れたら
それについて考えて
結果的に自分の糧にしたいと思うので

こんな時間の使い方ってすごくもったいないと思ってしまうんですよ

 

なんか、ちょっと話がずれた気もしますが

僕が言いたいのは
どんなジャンルでも、お金儲け重視になると
つまらなくなってくる
YouTubeだけでなく漫画や映画なども

で、結局それがまかり通ってしまうのは
受け取る側の自分たちが何も考えずに
騙されてしまっているから
ただの金づるになってしまってるからです

文化を廃れさせないためにも
受け取る側のレベルも上げていかなければならないと思う

何が素晴らしいのか見極める目を
鍛えていくべき

それには、やっぱり考えることが大事です