何もかもが滑稽

何もかもが滑稽

映画、漫画、アニメなどが好きで、その事についての感想、思ったことなどを書いています。 それ以外の事も時々書きます。

映画「テリファー」感想 キャラの魅力だけで最後まで観れる

f:id:kiitsu01:20210907170839p:plain

どうもきいつです


ホラー映画「テリファー」観ました

謎のピエロが猟奇的な殺人を繰り返す
2016年のスラッシャーホラー
何の罪もない人々が次々と惨殺されていきます

監督を務めるのはダミアン・レオーネです

 

あらすじ
ハロウィンパーティーの帰り
タラとドーンは街の暗闇の中で謎のピエロメイクの男と出会う
ピエロをすぐに見失った2人だが
立ち寄ったダイナーで再び出会うことに
タラは気味悪がったが危害を加えられることなくダイナーを後にする
しかし、そこからピエロの殺戮が始まるのだった

 

感想
ただ殺しを見せられるだけの中身の無い映画
でも、ピエロが魅力的すぎて
面白いし最後まで見せられてしまう
かなりグロい映画なので注意

 

ピエロの顔に惹かれて観てみました
アマプラで配信されています


82分という短さもあり
本当にシンプルなスラッシャーホラーでした

ストーリーなんて全く無くて
とにかく人が殺されていくだけの映画
グロ、ゴア描写満載で
常に画面は血で真っ赤っか
苦手な人は気持ち悪くなりそうな映画ですね

やってることはかなり王道で
謎の殺人ピエロが無差別に人を殺しまくります
特にひねった要素もなく
マンネリな映画と言っても過言ではない

よくあるスラッシャーホラーで
それ以上でもそれ以下でもない
新しいものなんてこの映画にはありません

 

普通に考えて
この映画が特別面白いとは思えないんですが
観てたら普通に面白いんですよね
むしろ、この映画が好きなくらい
とても魅力のある映画だと思いました

 

やっぱり、この映画の殺人ピエロがめちゃくちゃいいんですよ
キャラが立ってるし魅力的です


そもそも、顔面が素晴らしい
笑顔がステキです
この顔だけで目に焼き付いてしまうし
すごく印象的なんですよ

ピエロと言ってもただ白塗りしてるだけでかなりシンプル
あえて印象的になるメイクもなくて
顔面の力だけでここまでの魅力です

顔面と表情だけで不気味さを作り出していて
表情の変化だけで
こっちの気持ちゾクゾクと不安にさせられます

初登場の時点で完全にヤバい奴ってわかりますからね
別になにもしてないのに


ダイナーでのやり取りも
特別怖い演出とかもないのに
なんか不気味で気持ち悪い雰囲気が溢れ出ていて
まだ何も起きていいのに不穏な空気が充満してくる

 

殺戮が始まってからもピエロはずっと魅力的で
ますます映画に引き込まれていきます

とにかくピエロがすごく魅力的で
それだけでこの映画を最後まで観させられてしまうんです


このピエロ
何がここまで魅力的にさせているのかを考えてみると

得体の知れなさが半端ないからじゃないかと思うんです

スラッシャーホラーと言えばこれってキャラクターはたくさんいます
レザーフェイスとかジェイソンとか

こういうキャラたちも得体が知れなくてすごく不気味です
猟奇的だったりサイコパスだったり
常識を逸脱しています

でも、こいつらって
なんだかんだ行動が予測できたり
自分のこだわりに忠実に動いてたりするわけです
そこにルールみたいなものを感じたりもする


で、本作のピエロなんですが
そんなキャラたちに比べても
掴み所の無さが群を抜いてる

何者なのかわからないのはもちろんのこと
目的も不明だし
喜怒哀楽は謎だし

あまりの掴み所の無さに
全然行動の予測がつかないんですよ

ホラー映画のお約束はあるものの
ピエロの行動のルールが最後まで掴めなくて
常人の思考の域を超えてるような…

猟奇的な殺しかたを楽しんでるかと思えば
急に銃で普通に殺してしまったりする
このタイプの殺人鬼が銃を使うのが予想外ですよね


感情にしたって
楽しんでるのか怒ってるのか…

反撃されてキレたのかなと思っても
そんなに感情をむき出しにしてるわけでもなく
絶妙によくわからん感情

一気に殺しにかかることもあれば
じわじわといたぶったり
行動に一貫性がなかったりもするんです

人形の赤ちゃんを大切にするおばさんとピエロとの交流
ここで何かドラマが生まれる空気になるけど
そんなわけない
やっぱり殺します


このピエロは自分の考えが及ばない存在で
そこが恐怖であり魅力でもあります

どんどんとその異常な世界に引き込まれる
もっとピエロを見たくなってしまいます

 

ピエロの魅力だけでなく
この映画は怖がらせかたがすごく上手かったです

雰囲気を作るのも上手いし
ビビらすタイミングもめっちゃ良い
このタイミングは驚かんわけないだろ
ってところをしっかりと押さえてる

結構ビクビクしながら最後まで見ていました


襲われる人たちもただやられてるだけでなく
反撃する場面も多いです

そういうシーンではやはりスリルが生まれて
攻防戦にハラハラさせられる
ピエロのタフさに驚かされますけど
襲われる人たちもなかなかタフ

戦いの場面が多いのも
この映画を面白くするエッセンスになっていたと思います

 

あと、やっぱりゴア描写
これもなかなかめちゃくちゃやってて
すごいものを見せてくれます
基本的に顔面ぐちゃぐちゃが多いけど

中でも印象に残るのはやはり
逆さ釣り全裸美女縦真っ二つですよね
これはすごいものを見せられた…

こんな殺しかたあるんかい
と新しい世界が開けました

衝撃的でした
頭おかしい映画です

 

他に印象に残ったシーンと言えば
ピエロが楽しそうに三輪車を乗り回すところ
可愛いです

ピエロの女装とかもインパクトありましたね

怖いだけでなく
微笑ましく笑えるシーンもありました

 

シンプルなスラッシャーホラーではあるけども
キャラクターの魅力が光りまくってる
今までいろんな殺人鬼キャラを見てきましたが
本作のピエロはめちゃくちゃ好きなキャラかも

かなりグロいけど
こんなタイプの映画が好きならぜひ観てほしい作品です

 


テリファー[DVD]