何もかもが滑稽

何もかもが滑稽

映画、漫画、アニメなどが好きで、その事についての感想、思ったことなどを書いています。 それ以外の事も時々書きます。

映画「ラストナイト・イン・ソーホー」感想 新感覚なホラー

f:id:kiitsu01:20211213175337p:plain

どうもきいつです


 ホラー映画「ラストナイト・イン・ソーホー」観ました

ロンドンのソーホー地区を舞台に
別々の時代を生きる2人の女性がリンクしていくサスペンスホラー

監督は「ベイビー・ドライバー」などのエドガー・ライト
出演するのはトーマシン・マッケンジー、アニャ・テイラー=ジョイなどです

 

あらすじ
ロンドンのソーホーにあるデザイン専門学校に入学したエロイーズは
寮生活に馴染めず一人暮らしをはじめることに
新しいアパートで暮らし始めた彼女は
1960年代のソーホーにいる夢を見る
そして、夢の中で歌手を目指すサンディに出会い
いつしか、エロイーズは現実世界でも彼女の影響を受けていくのであった

 

感想
ホラーとして斬新な作風
正直、ホラーっぽくはないけど
これはこれで面白い映画でした
ただ、序盤は映画に引き込まれていくけど
終わりに近づくにつれ勢いが落ちていった印象

 

エドガー・ライトの新作ということで観に行ってきました
アニャ・テイラー=ジョイも好きなので
本作は楽しみにしてた作品

エドガー・ライトがホラーということで
どんな映画になるのか気になっていましたが
良くも悪くもエドガー・ライトらしい作風になっていたと思います

「ベイビー・ドライバー」みたいなノリで作られたホラーって感じ

なので、なかなか独特な雰囲気の映画でした
ホラーではあるけど
そんなに怖さはなくて
むしろ、ポップなくらい

音楽の使い方なんかも「ベイビー・ドライバー」と似た感じだし


中身はさほど奇をてらっているわけではなく
王道なホラーやサスペンスな内容ですが
映像や音楽がホラー映画ではあまり見ないような見せ方をしてるので
とても斬新な作品に感じました

そんな作風なので
「ベイビー・ドライバー」などエドガー・ライトの作品が好きなら楽しめると思う
逆に普通のホラーを求めているとちょっと乗れない人もいるのかな
と思いました

 

本作は特に音楽の使い方がとても面白いですね

映像と音楽がリンクしているのが
観ていて心地よさを感じるし
作品のテーマがすっと入ってくる

場面の盛り上がり音楽によって作られ
その音楽から登場人物の感情や思いを表現しています

「ベイビー・ドライバー」の時と同じく
音楽の使い方がとても上手いなと思わされます


さらに、本作で描かれる
“古き良き時代”へのアンチテーゼ
という部分も
音楽を使って表現しています

これに関しては本当に面白くて
普通に感心してしまうほど

主人公のエロイーズは
昔の音楽が大好きだし昔のロンドンにすごく憧れているわけです

音楽に合わせてノリノリで踊っていたり
レコードを集めていたり
ヘッドホンでいつも音楽を聴いている

この映画を観ている観客も
彼女が聴く音楽を同時に聴いて心地よさを感じています

ところが、エロイーズが夢の中でサンディとシンクロし
この時代を追体験していくことで様子が変わってきます

はじめは憧れの時代を体験できてワクワクしているエロイーズだけど
その後、時代の闇やサンディの悲惨な人生を見ることで
次第に不快感や恐怖心を抱いてきます

この時もやはり音楽は流れるんですけど
聴こえ方が全然違ってくるんですよね

はじめはポップな音楽を楽しんで聴けていたのに
時代の闇を感じてしまうと
途端にポップなはずの音楽が耳障りにすら感じてしまいます
歌詞の意味すら違ってくると言うか…

音楽が流れることに恐怖すら感じてしまうんですよ

この表現が本作ならではと言うか
エドガー・ライトならではの表現だったんじゃないでしょうか


そして、映像表現も面白い

ネオンの光の使い方も音楽と同じで
都会のきらびやかさや新生活のワクワクを感じて
カラフルな光がとても綺麗に見えます

エロイーズの期待や憧れもあり
キラキラとポジティブな印象が与えられる

でも、ホラーな展開になってくると
このネオンの光が不気味に感じてくる

憧れてた都会や過去の闇を知ることで
この光が不快で嫌なものに見えてきます
途中から赤や青の光がホラー的な見え方で
恐怖心を煽られる

音楽にしろネオンにしろ
ポジティブなものからネガティブなものへと逆転させることで
この映画で描かれているテーマを感覚的に受けとることができるんです


だから、この映画の感想で
音楽がポップで楽しいとか
映像がキラキラしていてオシャレ
みたいなのを見ると
ちょっとズレてるなと思ったりもします

この映画をしっかり受け止めていれば
そんな感想にならない気がするけど…


トーマシン・マッケンジーやアニャ・テイラー=ジョイが可愛い、美しい、ステキ
って感想にしたって
男性による性的搾取が描かれている本作で
そんな感想を持っていいものなのか…?
という疑問も生まれたり

表面的に見れば
そんな受け取りかたもアリなんですかね?
感想なんて人それぞれだし

 

あと、映像で言えば
夢の表現が面白いですね

エロイーズがただ夢の中で傍観してるのではなく
彼女自身も夢の中に入り込んでいる表現は観ていて楽しさもあるし
観ている側もサンディに感情移入できてくる

サンディが写る鏡にエロイーズが写っていたり
ダンスでサンディとエロイーズが入れ替わったり
夢の突拍子のなさも感じれて
センスのある映像になっていました

エロイーズが夢の世界に入り込んでいるからこそ
ホラーな展開になったときには
より不快感や恐怖心を感じることができましたし

音楽と映像の相乗効果で
魅力的な映画になっていたと思います

 

そんな感じでとても引き込まれる映画ではあったけど
若干、終盤になると微妙かな
と思ったりもしました

終盤になるとちょっと大雑把な印象
ラストスパートは力ずくって感じでした

勢いはあるんですけど
勢いだけみたいな…

もう一捻りくらいあってもよかったかも

ミスリードや謎の真相などは
サスペンスやミステリーではありがちな展開で
物足りなさも感じてしまいました

悪くはないと思うけど
大して驚きもなく少し拍子抜け

オチもフワッとしていて弱い印象ですかね
アニャ・テイラー=ジョイの投げキッスが最高
くらいにしか思わなかった

エロイーズがこれを経て
どんな変化がありどんな成長を遂げたのかもあまり伝わってこないので
ちょっとスッキリしないですかね


終盤になると怖がらせ方もワンパターンになってあまり面白味がありませんでした

急に怖いのがドーンと出てきてビックリさせるみたいなのの連続
何回かそれをされるとさすがに飽きてくる

はじめは斬新なホラーだったのに
終盤になってからの展開やホラー演出は
普通かそれ以下になってしまうので
盛り上がりに欠けるなと思いました
尻すぼみって感じですかね

 

終盤はちょっと微妙に思ったけど
総合的にはとても面白い作品だと思います

エドガー・ライトだからこそのホラー
斬新で新感覚な作品に仕上がっていました

個人的にも好きな映画です

 


ベイビー・ドライバー [AmazonDVDコレクション] [Blu-ray]