何もかもが滑稽

何もかもが滑稽

映画、漫画、アニメなどが好きで、その事についての感想、思ったことなどを書いています。 それ以外の事も時々書きます。

映画「DSTINY 鎌倉ものがたり」感想 CGがすごい それだけの映画


どうもきいつです

 

ファンタジー映画「DSTINY 鎌倉ものがたり」観ました

 

西岸良平による人気漫画「鎌倉ものがたり」を
実写映画化した2017年の作品
人間だけでなく幽霊や魔物も住む
鎌倉の街を舞台に
とあるミステリー作家とその妻の
新婚生活を描いたファンタジー

 

「ALWAYS 三丁目の夕日」などの
山崎貴が監督を務めています





あらすじ
妖怪や幽霊が日常的に姿を現す鎌倉
そこで暮らすミステリー作家の
一色正和のもとに嫁いできた亜希子は
妖怪や幽霊が人と暮らすこの街に
最初は驚くが次第に溶け込んでいく
そんな中、様々な事件に巻き込まれていく



感想
VFXを頑張ってるのはわかる
でもそれだけ
内容は幼稚で
一体誰に向けて作られた映画なのか
全然わからない
感動の押し売りも
正直ウザい



タイトルがダサイでお馴染み山崎貴の
ファンタジー作品観てみました

山崎監督の作品は
「ALWAYS 三丁目の夕日」「寄生獣」
くらいしか観たことないと思う

どちらもCG頑張ってる系の映画
実際、邦画としては
かなりVFXのクオリティは高いです
本作もやっぱりそこは良かった

それにしても
タイトルダサいですよね
かまくら物語でいいでしょ
って思うんですけど

なんか毎回、英語つけたがりますよね

ALWAYS、BALLAD、STAND BY ME
などなど
タイトルセンスは今回も無いです


まあ、そこは置いといて
内容も正直いまいち
なんかちょうど面白くないです

ファンタジーな世界観を
見せつけてくるだけで
肝心のストーリーがとてもショボい
そして、感動が押し付けがましく
とてもウザい映画でした



何から言っていいのやら
って感じです

最初にCGを褒めたので
もう褒めることは無いんですが



まずはストーリーについて


とてもまとまりが悪く
バラけた印象でした

短編のような短いエピソードを
繋ぎ合せた
オムニバスのような作りなんですが

それぞれの話の繋がりが薄いし
一貫した物語の軸も無いので
何を観ているのかがわからなくなってきます

しかも、それぞれのエピソードが
単体としてもとても薄い

正和が殺人事件の真相を暴く
というエピソードは
殺人トリックの解明はすごく雑だし
その中での人間ドラマも皆無

他のエピソードも
感動話みたいな感じに見せてるけど
その内容が薄すぎで感情移入できず
全く心に響かない

そんな微妙なエピソードが
いくつもダラダラと続くので
とても退屈です


メインでもある
妻の亜希子を黄泉の世界まで
助けに行くという話は
ラスト20分くらいで
めちゃくちゃ短い

それも、全てが唐突で
全く気持ちが追いつきません
取って付けたように
新しい設定もぶち込んでくるし
展開もご都合主義な上
速すぎる

少年ジャンプの打ち切り漫画の
最終話みたいになってしまってる



そもそも、この物語の軸でもある
夫婦の絆の部分が
壊滅的なほど描写不足だと思います

この夫婦の関係性の見せ方が
ただイチャイチャして仲が良い
という表現しかないので
全然深い関係性に見えない
ただのバカップルです

そんな2人が終盤で夫婦の絆
みたいなこと言いだすけど
全く説得力を感じれない


終盤までダラダラと
しょうもないエピソードで
時間を消費するなら
もっと夫婦のエピソードをしっかりと
描くべきだと思うんですけど



終盤の全てがあっけなく進んでいくのも
すごくつまらない

正和の両親に対する悩みも
すごくしょうもない形で解決するし

天頭鬼にさらわれた亜希子を
救い出す場面では
一瞬で城に侵入してしまってる

貧乏神には無条件で
めちゃくちゃ優しかった亜希子が
天頭鬼に対してはただの悪者としてしか
扱っていなかったのも
なんだかなって思います


全体的に夫婦愛というメッセージを
描いていると思うんですけど

中身は子供向けのように幼稚で
結局、誰向けの映画なのか
よくわからないことになってしまってました



ストーリーもあれでしたけど
演出も悪った

CGがすごいのは認めるし
たぶんとても頑張ったのだと思います

でも、がんばったすごいCGを
ただ見せつけるだけのシーンが多くて
それがなんかすごく嫌

終盤の黄泉の国とか
めっちゃ頑張ったんでしょうね
無駄に長時間CG景色を見せびらかします
くどいです

それに、ファンタジーな鎌倉の街を
説明するのも
ただ不思議な映像を見せるだけで
細かい演出が全くない

人間と妖怪がどんな関係性なのか
どういう社会が成り立っているのか
そういうものが全く見えてこない

不思議な世界
ということしか見せていないので
この世界観にリアリティーを感じれないです



あと、会話シーンばかりで
すごくつまらない

それもみんな説明的に喋ってるだけで
演技や演出などがとても薄く
すべて言葉で解説してる

こんなのが最後まで続くので
退屈だし眠くなる



それに、音楽がとてもうるさいですね
音量とかの問題ではなく
音楽が本当に邪魔

感動的なシーンに
感動的な音楽を流す感じです

泣かしたいんでしょうね

感動の押し売りですよ
こういう泣かそうとするのが
見え見えなのは
ちょっと気持ち悪さすら感じます

隙があれば音楽を入れ込んできて
さすがにウザかったです



終盤の天頭鬼からの逃亡や戦い

ここもとてもショボかった
CGはすごいけど
やっぱり演出が悪いんですかね

緊張感のかけらも無いです
アクションシーンももっさりしてるし
敵に鬼気迫る雰囲気も全く出てない

ギリギリの感じやスリルも
全然無いし
派手なシーンのはずなのに
全くテンションが上がりませんでした


CGに全振りで
演出などにはほとんど力を
いれてないんですかね

せっかくのCG技術が宝の持ち腐れです

もったいないですね



本作は映像がすごい映画
それだけでした
CGは作り込まれているけど
中身は全然作り込まれていない

それじゃあすごいCGも生きてこないし
映画としては面白くなりようがない
1番大事なのは外見じゃなくて中身です



DESTINY 鎌倉ものがたり [Blu-ray] (豪華版)