何もかもが滑稽

何もかもが滑稽

映画、漫画、アニメなどが好きで、その事についての感想、思ったことなどを書いています。 それ以外の事も時々書きます。

サスペンス

映画「シーフォーミー」感想 主人公が最低すぎて最後まで好きになれない

どうもきいつです スリラー映画「シーフォーミー」観ました 視覚障害者の少女が強盗に巻き込まれ視覚障害サポートアプリを利用して強盗集団に立ち向かう新感覚スリラーカナダの作品です 監督はランドール・オキタ主演を務めるのは実際に視覚障害者でもあるス…

映画「ブレット・トレイン」感想 日本への愛はないけど勢いはある

どうもきいつです アクション映画「ブレット・トレイン」観ました 伊坂幸太郎による小説「マリアビートル」をハリウッド映画化したクライムアクション謎の人物から指令を受けた殺し屋が日本の高速列車を舞台に様々な殺し屋たちと戦いを繰り広げる 監督は「デ…

映画「ブラック・フォン」感想 脱出サスペンスとオカルト要素の組み合わせ そしてジュブナイル

どうもきいつです ホラー映画「ブラック・フォン」観ました ジョー・ヒルの短編小説「黒電話」を映画化した作品誘拐犯により密室に監禁された少年が黒電話から聞こえる謎の声に導かれ脱出を試みるサイコスリラー 「ゲット・アウト」などのジェイソン・ブラム…

映画「死刑にいたる病」感想 サイコな阿部サダヲが素晴らしい

どうもきいつです サスペンス映画「死刑にいたる病」観ました 櫛木理宇による同名小説を映画化したサイコサスペンス死刑判決を受けた連続殺人事件の犯人から冤罪の証明を依頼されとある大学生が事件の真相に迫っていきます 監督は「孤狼の血」などの白石和彌…

映画「女子高生に殺されたい」感想 変態映画かと思ったら斬新なサスペンス

どうもきいつです サスペンス映画「女子高生に殺されたい」観ました 「帝一の國」などで知られる古屋兎丸による漫画「女子高生に殺されたい」の実写化映画とある高校教師が女子高生に殺されたいという願望を叶えるための犯罪計画が描かれるサスペンス 監督は…

映画「ナイトメア・アリー」感想 まさに悪夢

どうもきいつです サスペンス映画「ナイトメア・アリー」観ました1946年に出版された小説「ナイトメア・アリー 悪夢小路」を原作にしたサスペンススリラーショービジネス界での成功を目指す野心家の男の運命が描かれます 監督は「シェイプ・オブ・ウォーター…

映画「THE BATMAN-ザ・バットマン-」感想 コスプレ探偵の謎解きサスペンス

どうもきいつです アメコミアクション映画「THE BATMAN-ザ・バットマン-」観ました DCコミック原作の「バットマン」を新たに映画化したサスペンスアクションバットマンことブルース・ウェインが知能犯リドラーの挑発に苦悩しながらも戦いを挑む姿が描かれま…

映画「嘘喰い」感想 何もかもがチープ

どうもきいつです サスペンス映画「嘘喰い」観ました 週刊ヤングジャンプで連載されていた迫稔雄によるギャンブル漫画を実写化した作品嘘喰いの異名をもつ天才ギャンブラーが大金と生死を賭けた戦いを繰り広げます 監督は「リング」「スマホを落としただけな…

映画「ラストナイト・イン・ソーホー」感想 新感覚なホラー

どうもきいつです ホラー映画「ラストナイト・イン・ソーホー」観ました ロンドンのソーホー地区を舞台に別々の時代を生きる2人の女性がリンクしていくサスペンスホラー 監督は「ベイビー・ドライバー」などのエドガー・ライト出演するのはトーマシン・マッ…

映画「アンテベラム」感想 1つの仕掛け一点張りの映画

どうもきいつです スリラー映画「アンテベラム」観ました 境遇の違う2人の女性の姿が同時に描かれるスリラー映画社会学者として華やかな日々を送る女性と黒人奴隷として辛い日々を送る女性の運命が交錯していきます 「ゲット・アウト」などのプロデューサー…

映画「マリグナント 狂暴な悪夢」感想 スピード感溢れるエンタメホラー

どうもきいつです ホラー映画「マリグナント 狂暴な悪夢」観ました 殺人鬼の犯行現場を目撃するという悪夢に悩まされる女性の姿を描いたホラーやがて悪夢の正体が明らかになっていきます 「ソウ」「死霊館」シリーズなど数々のホラーを手掛けるジェームズ・…

映画「カット/オフ」感想 ごちゃごちゃ詰め込んでて少し分かりにくい

どうもきいつです サスペンス映画「カット/オフ」観ました 誘拐れた娘を救うべく奔走する検死官の姿を描いた2018年ドイツのサスペンス映画解剖した遺体から発見された異物をきっかけに主人公が事件に巻き込まれていきます クリスティアン・アルヴァルトが監…

映画「CUBE 一度入ったら、最後」感想 邦画の駄目なところを煮詰めた感じ

どうもきいつです スリラー映画「CUBE 一度入ったら、最後」観ました ヴィンチェンゾ・ナタリが手掛けた1997年の密室スリラー「CUBE」を日本でリメイクした作品立方体の部屋が繋がる空間に閉じ込められた男女6人が命がけで脱出に挑む姿が描かれます 監督は「…

映画「キャッシュトラック」感想 静かな怒りにゾクゾクする

どうもきいつです クライムアクション映画「キャッシュトラック」観ました 2003年製作のフランス映画「ブルー・レクイエム」を原作に作られたクライムアクション現金輸送会社の警備員として雇われた謎の男を中心に物語が描かれます 監督は「シャーロック・ホ…

映画「殺人鬼から逃げる夜」感想 スリルがあってハラハラする みんな無能すぎるけど

どうもきいつです スリラー映画「殺人鬼から逃げる夜」観ました 耳の不自由な主人公が連続殺人犯に追い回される夜を描いた韓国のスリラー映画聴覚障害者の女性が殺人現場を目撃し恐怖に見舞われていきます 監督・脚本は本作がデビューとなるクォン・オスン出…

映画「レミニセンス」感想 女々しい男の哀愁

どうもきいつです SF映画「レミニセンス」観ました 海に水没寸前の近未来の世界を舞台に記憶に潜入するエージェントの活躍を描いたSFサスペンス主人公がとある事件の真相を握る女性の行方を追っていきます 「ダークナイト」などの脚本を担当してきたジョナサ…

映画「白ゆき姫殺人事件」感想 曖昧な情報に踊らされる人々の滑稽さ

どうもきいつです サスペンス映画「白ゆき姫殺人事件」観ました 「告白」などの湊かなえによる同名小説を映画化した作品美人OLが殺害された事件をきっかけに人々の悪意が浮き彫りになっていくサスペンスSNSでの中傷やマスコミの暴走など社会の闇が描かれます…

映画「サークル」感想 これは面白いのか? 面白くないのか?

どうもきいつです スリラー映画「サークル」観ました 謎の空間に集められた老若男女の命がけの駆け引きを描いた2015年のスリラー映画 監督を務めるのはアーロン・ハンとマリオ・ミシオーネ あらすじ目を覚ますと見知らぬ人たちが集められた謎の空間だったそ…

映画「THE GUILTY/ギルティ」感想 どんどんと想像力を掻き立てられる

どうもきいつです サスペンス映画「THE GUILTY/ギルティ」観ました 主人公が電話の声と音を通して誘拐事件の解決に挑む姿を描いた2018年デンマークのサスペンス映画第34回サンダンス映画祭で観客賞を受賞するなど話題を呼んだ作品です 監督は本作が長編初監…

映画「プロミシング・ヤング・ウーマン」感想 一面だけを鵜呑みにするとこじらせそう

どうもきいつです スリラー映画「プロミシング・ヤング・ウーマン 」観ました 明るい未来を約束された女性がとある出来事をきっかけに男性への復讐を企てる姿を描いたサスペンススリラー ドラマシリーズ「ザ・クラウン」で知られる女優エメラルド・フェネル…

映画「コンフィデンスマンJP ロマンス編」感想 どんでん返しが気持ちいい

どうもきいつです クライム映画「コンフィデンスマンJP ロマンス編」観ました 2018年のテレビドラマ「コンフィデンスマンJP」の劇場版信用詐欺師たちが日本を飛び出し香港で一世一代の大仕事に挑みます 監督はドラマ版の演出を務めた田中亮出演するのはドラ…

映画「RUN/ラン」感想 逃げたくても逃げれない恐怖

どうもきいつです スリラー映画「RUN/ラン」観ました 車椅子生活を余儀なくされる娘とその娘を溺愛する母親の狂気を描いたサイコスリラー母親に監視され自由の無い環境の中娘が母親から逃れようと奮闘します 監督は「search/サーチ」などのアニーシュ・チャ…

映画「キャラクター」感想 はりつめた緊張感にハラハラさせられる

どうもきいつです サスペンス映画「キャラクター」観ました 売れない漫画家が偶然目撃した猟奇殺人犯をモデルに漫画を描きそれにより運命が翻弄されていく姿を描いたサスペンス浦沢直樹の作品にストーリー共同制作者として携わってきた長崎尚志のオリジナル…

映画「アオラレ」感想 基本B級だけど意外と社会派

どうもきいつです スリラー映画「アオラレ」観ました あおり運転を題材にしたサスペンススリラー信号で言い合いになった男から執拗につけ狙われる女性の恐怖が描かれます 監督を務めるのはデリック・ボルテ過激なあおり運転犯を演じるのはラッセル・クロウで…

映画「ジェントルメン」感想 悪人たちの駆け引きにハラハラさせられる

どうもきいつです クライム映画「ジェントルメン」観ました ロンドンの暗黒街を舞台に500億円の大麻ビジネスの利権をめぐり壮絶な駆け引きを繰り広げる悪党たちの姿を描いたクライムサスペンス 監督は「スナッチ」などのガイ・リッチーが務めオスカー俳優の…

映画「スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼」感想 一言で言うとしょうもない

どうもきいつです サスペンス映画「スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼」観ました 志駕晃によるミステリー小説を映画化した「スマホを落としただけなのに」の続編前作の連続殺人事件が解決してから数ヶ月後に発生した新たな事件が描かれます 監督は…

映画「ザ・コール」感想 過去に追い詰められるといる逃げ場のない絶望

どうもきいつです サスペンス映画「ザ・コール」観ました イギリスの映画「恐怖ノ黒電話」を原案に作られた韓国のサスペンス映画異なる時代の2人の女性が同じ家の電話で繋がることにより生じる歪みが描かれます2020年11月よりNetflixで配信されています 手掛…

映画「ホムンクルス」感想 ぽい雰囲気はある でも、浅いかな…

どうもきいつです サスペンス映画「ホムンクルス」観ました 山本英夫による漫画「ホムンクルス」を実写化した作品とある手術をきっかけに他人が異様な姿に見えるようになってしまったホームレスの男の姿を描いたサスペンス2021年4月よりNetflixで全世界独占…

映画「21ブリッジ」感想 ちゃんと作られている映画 でも、なんか普通すぎる

どうもきいつです サスペンスアクション映画「21ブリッジ」観ました 完全封鎖されたニューヨークのマンハッタン島を舞台に強盗殺人犯の逮捕のため刑事が真相に迫る姿を描いたクライムアクション 「ブラックパンサー」のチャドウィック・ボーズマンが製作と主…

映画「騙し絵の牙」感想 確かに騙された 予告に…

どうもきいつです ドラマ映画「騙し絵の牙」観ました 「罪の声」などで知られる塩田武士による小説映画化した作品廃刊危機にある雑誌の編集長が陰謀が渦巻く中で起死回生のため奇策に打って出る姿を描いたサスペンスドラマ 監督は「桐島、部活やめるってよ」…