何もかもが滑稽

何もかもが滑稽

映画、漫画、アニメなどが好きで、その事についての感想、思ったことなどを書いています。 それ以外の事も時々書きます。

恋愛

映画「バニラ・スカイ」感想 オチが全ての映画 ただ、そのオチが好きじゃない

どうもきいつです サスペンス映画「バニラ・スカイ」観ました 1997年のスペイン映画「オープン・ユア・アイズ」のリメイク作品完璧な男に巻き起こる不思議な運命を描た2001年のサスペンス作品です舞台をニューヨークに移していますがストーリーはオリジナル…

映画「さよなら、僕のマンハッタン」感想 雰囲気で誤魔化されるけど あまりよくわからない映画

どうもきいつです 恋愛映画「さよなら、僕のマンハッタン」観ました サイモン&ガーファンクルの名曲「The Only Living Boy In New York」に乗せてつづるラブストーリーニューヨークを舞台に、ある青年が隣人との交流、恋愛、家族の問題を経て成長していく姿…

映画「天気の子」感想 面白かったとは思う けれども…

どうもきいつです アニメ映画「天気の子」観ました 天気のバランスが狂っていく時代に運命に翻弄されながらも自らの生き方を選択しようとする少年と少女の姿を描いたファンタジーアニメ作品 「君の名は。」などの新海誠が監督を務め音楽、主題歌は「君の名は…

映画「バーレスク」感想 歌、ダンスはすごいけど ストーリーはショボい

どうもきいつです ミュージカル映画「バーレスク」観ました 歌手を夢見るヒロインがロサンゼルスのクラブで働きはじめ次第にその才能を開花させていく姿を描いた2010年のミュージカル作品 監督はスティーブ・アンティンが務めています あらすじ歌手になるこ…

映画「君の名は。」感想 この映画はジブリと比べちゃダメ

どうもきいつです アニメ映画「君の名は。」観ました 田舎町で暮らす少女と東京に住む少年の心が入れ代わり、それを通して2人が惹かれ合っていく姿を描いた2016年のファンタジーアニメ 記録的ヒットをたたき出した大ヒット映画です 監督は「秒速5センチメー…

映画「町田くんの世界」感想 町田くんは現代社会に必要な希望

どうもきいつです 青春恋愛映画「町田くんの世界」観ました 安藤ゆきによる少女漫画を実写化した作品誰にも優しい男子高校生の日常を描いた青春ラブストーリー 主演の2人は1000人の中からオーディションで選ばれた細田佳央太と関水渚監督は「舟を編む」など…

映画「パラレルワールド・ラブストーリ」感想 ややこしいだけで中身はつまらない

どうもきいつです ミステリー映画「パラレルワールド・ラブストーリー」観ました 人気作家の東野圭吾による小説を実写映画化したミステリー 主人公と恋人が幸せな日々をおくる世界と恋人が主人公の親友と交際している世界が並行する物語を描いています 「宇…

映画「千年女優」感想 ちょっと難解だけどそれがいい アニメ映画としてもクオリティがとても高い

どうもきいつです アニメ映画「千年女優」観ました 第5回文化庁メディア芸術祭アニメーション部門で「千と千尋の神隠し」と同時に大賞を受賞した2002年の作品国内外で高い評価を獲得しているアニメ映画です 数十年にわたり1人の男性を思い続けた女優の姿を時…

映画「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」感想 量産型の深夜アニメと変わらない

どうもきいつです アニメ映画「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」観ました 1993年に放送されたテレビドラマを アニメ映画化した2017年の作品 現代の要素を取り入れながら 長編アニメ映画として再構築し 夏休みを過ごす中学生の男女を主人公に 何…

映画「勝手にふるえてろ」感想 痛々しい狂気の女に共感する

どうもきいつです 恋愛映画「勝手にふるえてろ」観ました 芥川賞作家の綿矢りさの恋愛小説を 実写映画化した2017年の作品 突然告白してきた職場の同僚と 中学時代から片思いしていた同級生との 間で揺れ動く女性の恋の行く末を 描いています 「放課後ロスト…

映画「愛がなんだ」感想 自分の痛いとこをチクチクつつかれる

どうもきいつです 恋愛映画「愛がなんだ」観ました 「八日目の蝉」「紙の月」などで知られる 直木賞作家、角田光代の恋愛小説を 映画化した作品 片思いの相手を 一途に追い続ける女性の姿を描いています 「パンとバスと2度目のハツコイ」などを 手掛けた今泉…

映画「恋は雨上がりのように」感想 夢を失ってしまった大人にこそ観てほしい そして、小松菜奈が最高

どうもきいつです 青春映画「恋は雨上がりのように」観ました 眉月じゅんによる人気コミックを実写化した 2018年の青春ラブストーリー映画 ファミレスの店長の男と 彼に心を奪われた女子高生が織りなす 恋模様を描いた作品 監督は「帝一の國」「世界から猫が…

映画「君に届け」感想 ちゃんと恋愛してるし ちゃんと青春してる

どうもきいつです 青春恋愛映画「君に届け」観ました 同名の人気コミックを実写映画化した 2010年の学園青春ドラマ 素直で純粋ながら見た目の暗さが原因で 孤立しがちな女子高生が クラスの中心人物の優しさに触れることで 成長していく姿を描いた作品です …

映画「聲の形」感想 コミュニケーションの大切さが ひしひしと伝わった

どうもきいつです アニメ映画「聲の形」観ました 週刊少年マガジンにて連載されていた 大今良時による同名漫画を 「けいおん!」などで知られる 京都アニメーションと山田尚子監督により 長編アニメ映画化された2016年の作品 主人公が転校生の少女とのある出…

映画「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」感想 設定に捕らわれ過ぎて中身が無い

どうもきいつです 恋愛映画「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」観ました 七月隆文の同名小説を実写映画化した SFファンタジーラブストーリーです 「アオハライド」などの数々の 青春ラブストリーを手掛けてきた 三木孝浩監督と脚本家の吉田智子が 再びタ…

映画「今夜、ロマンス劇場で」感想 設定を全然活かしきれてない てか、活かす気無いのか?

どうもきいつです 恋愛映画「今夜、ロマンス劇場で」観ました 「のだめカンタービレ」「テルマエ・ロマエ」などの 武内英樹が監督を務めた2018年の作品 モノクロ映画の中のヒロインと 現実世界の青年が織りなす 切ないファンタジーラブストーリーです あらす…

映画「娼年」感想 SEXギャグコメディ映画だと思う たぶん

どうもきいつです 娼夫として生きる男を描いた映画「娼年」観ました 石田衣良の同名小説を 「愛の渦」「何者」などの三浦大輔が 映画化した2018年の作品 主演を松坂桃李が演じています 性的描写を全面的に押し出した R18指定の映画です あらすじ 大学生のリ…

映画「君の膵臓をたべたい」感想 涙のために人を殺すのは罪ではないのか

どうもきいつです 青春映画「君の膵臓をたべたい」観ました 佐野よるの同名ベストセラー小説の 実写化映画です 「となりの怪物くん」「響 HIBIKI」 などの月川翔が手掛けた2017年の作品 膵臓の病を患う女子高生と 同級生の主人公との交流を描いた青春ドラマ…

映画「フォルトゥナの瞳」感想 人柱の美談は古臭い 倫理的にもどうかと思う

どうもきいつです ファンタジー恋愛映画「フォルトゥナの瞳」観ました 「永遠の0」などの百田尚樹による同名小説を 「ソラニン」「アオハライド」などの 三木孝浩監督が手掛けて映画化した作品 他人の死が見えてしまう能力を持った青年が 最愛の女性の死に…

映画「赤ずきん」感想 こんなつまらないどんでん返しは初めて

どうもきいつです ファンタジー映画「赤ずきん」観ました グリム童話「赤ずきん」を基に作られた 2011年のファンタジー映画です 「トワイライト~初恋~」の監督でも知られる キャサリン・ハードウィックが手掛けた作品 本作は原作の童話とは 大きく違ったス…

映画「バタリアン リターンズ」感想 まさかのドラマ重視 作風変わり過ぎて戸惑うわ

どうもきいつです ゾンビ映画「バタリアン リターンズ」観ました バタリアンシリーズ3作目の1993年の作品です 本作は日本では劇場公開されず ビデオで発売されるだけでした 前作とは違いコメディ要素は無く 恋愛ストーリーがメインのシリアスな作品 あらす…

映画「ポカホンタス」感想 ディズニーの黒歴史 作らない方が良かった映画

どうもきいつです ディズニーのアニメ映画「ポカホンタス」観ました ディズニー映画で初めて実在の人物を 扱った作品 1995年の映画です インディアンの娘ポカホンタスと 海から渡ってきたイギリス人ジョン・スミスとの 恋愛を描いたラブストーリー 同時代の…

映画「美女と野獣」(2017年)感想 女の子は好きだと思う そんな感じ

どうもきいつです ディズニーのファンタジー映画「美女と野獣」観ました 本作はディズニーの 名作アニメ映画「美女と野獣」の 実写化リメイク作品です 呪いで野獣へと姿を変えられた王子と 美しく聡明な町の娘ベルが 惹かれ合っていく姿を描くラブロマンス …

映画「言の葉の庭」感想 いろいろ新しい発見があった 新海誠の作家性

どうもきいつです アニメ映画「言の葉の庭」観ました 「君の名は。」などの新海誠が 監督、脚本を手掛けた2013年のアニメ映画 男子高校生と生きる事に不器用な 年上の女性の淡い恋の物語 45分とかなり短い作品です あらすじ 靴職人を目指す15歳の高校生タカ…

映画「アップサイドダウン 重力の恋人」感想 奇抜な設定と ベタなラブストーリーが ベストマッチ

どうもきいつです SFファンタジー映画「アップサイドダウン 重力の恋人」観ました 2つの惑星が重力で上下に引き合う 不思議な世界を舞台に 上下別々の星で暮らす男女の恋愛を描いた作品 フランスとカナダの共同制作の映画です あらすじ 富裕層が暮らす星…

映画「ウォーム・ボディーズ」感想 万人にすすめれる 新しいタイプのゾンビ映画

どうもきいつです ゾンビ映画「ウォーム・ボディーズ」観ました ゾンビ映画だけど、恋愛ものです かなり変わった作品 原作は小説らしいです 以前に予告は見た事あったのですが観てませんでした B級感がすごかったので… あらすじ 人類とゾンビが戦う近未来 …

映画「イニシエーション・ラブ」感想 衝撃のラストの存在を宣伝するのは ネタバレと変わらないんじゃないのか?

どうもきいつです 映画「イニシエーション・ラブ」観ました 2年ほど前の映画ですね 当時はどんでん返しがすごい映画としていろいろ宣伝されてました 僕はそんなに興味がなく完全にスルーでした なんとなくレンタル店で目に留まったので借りて観ました

映画「秒速5センチメートル」感想 「君の名は。」のプロトタイプのような作品 長尺のMV

どうもきいつです 「君の名は。」で一躍有名になった新海誠監督の2007年の作品「秒速5センチメートル」 今さら観ました 「君の名は。」は観ていたんですが、この作品はずっと観れていなかったです いつかは観たいと思っていて、やっと観ました