何もかもが滑稽

何もかもが滑稽

映画、漫画、アニメなどが好きで、その事についての感想、思ったことなどを書いています。 それ以外の事も時々書きます。

ミステリー

映画「見えない目撃者」感想 最初から最後までハラハラドキドキ 楽しめるエンターテイメント

どうもきいつです ミステリー映画「見えない目撃者」観ました 2011年の韓国映画「ブラインド」を日本でリメイクした作品視力を失った主人公が誘拐事件の解決に挑むミステリー映画 監督は「重力ピエロ」などの森淳一が務めています盲目の主人公を演じるのは吉…

映画「ジェーン・ドウの解剖」感想 前半は面白いミステリー 後半は普通のホラー

どうもきいつです ホラー映画「ジェーン・ドウの解剖」観ました 身元不明の女性の検死を行うことになった検視官の親子が解剖を進めるうちに怪奇現象に襲われる2016年のホラー映画トロント国際映画祭などの世界各地の映画祭で高い評価を得ている作品です 監督…

映画「ヴィレッジ」感想 予備知識なしで観るのが良いと思う

どうもきいつです ミステリー映画「ヴィレッジ」観ました 森の奥の小さな村を舞台に村の住人たちの掟とそれが破られた時の恐怖を描いた2004年のミステリー映画です 「シックス・センス」「サイン」などのM・ナイト・シャマランが監督を務めています あらすじ…

映画「ユージュアル・サスペクツ」感想 何も聞かずにとにかく観てほしい

どうもきいつです ミステリー映画「ユージュアル・サスペクツ」観ました 5人の悪党が集まり起こす計画犯罪の顛末を巧妙な構成で描いた1995年のクライムミステリー 「X-MEN」シリーズや「ボヘミアン・ラプソディ」などを手掛けたブライアン・シンガーが監督を…

映画「パラレルワールド・ラブストーリ」感想 ややこしいだけで中身はつまらない

どうもきいつです ミステリー映画「パラレルワールド・ラブストーリー」観ました 人気作家の東野圭吾による小説を実写映画化したミステリー 主人公と恋人が幸せな日々をおくる世界と恋人が主人公の親友と交際している世界が並行する物語を描いています 「宇…

映画「ルイと9番目の人生」感想 全体的に中途半端 オチが読める

どうもいいつです ミステリー映画「ルイと9番目の人生」観ました 9年で9度死にかけた不思議な少年の 物語を描いた2016年の作品 リズ・ジェンセンの小説 「ルイの九番目の命」を原作としています 監督は「ホーンズ 容疑者と告白の角」 などのアレクサンドル・…

映画「オリエント急行殺人事件」(2017年)感想 謎解きにキレが無い もうちょっと本格推理が見たかった

どうもきいつです ミステリー映画「オリエント急行殺人事件」観ました 1974年にも映画化された アガサ・クリスティーの名作ミステリー小説を ケネス・ブラナーの制作、監督、主演により 新たに映画化されました ヨーロッパを巡る豪華列車の中で起きた 殺人事…

映画「パーフェクトブルー」感想 最後まで予測不能

どうもきいつです アニメ映画「パーフェクトブルー」観ました 「パプリカ」「千年女優」などの 今敏が初めて監督を務めた 1998年のアニメ映画 キャラクター原案に江口寿史 企画に大友克洋が参加しています 謎の人物のストーキングに怯える アイドルの恐怖を…

映画「search/サーチ」感想 PC画面だけでこの面白さ すごい

どうもきいつです サスペンス映画「search/サーチ」観ました 物語の全てがパソコンの画面上で 展開されるという 異色の作品 失踪した娘を探すためパソコンを操作し 手掛かりを探す父親を描いた サスペンススリラー 監督は 2014年にGoogleグラスだけで撮影し…

映画「アイ・オリジンズ」感想 とても興味深い 科学と神秘の論争の先は

どうもきいつです SF映画「アイ・アイオリジンズ」観ました 「アナザープラネット」で注目を集めた マイク・ケイヒル監督による 2014年のSFラブストーリーです 最先端医療を研究する1人の青年が 瞳を手掛かりに運命の人との繋がりを 探す数奇な人生を描いた…

映画「永遠のこどもたち」感想 深みはあるが個性が無い

どうもきいつです ホラー?映画「永遠のこどもたち」観ました 「パシフィック・リム」「シェイプ・オブ・ウォーター」などのギレルモ・デル・トロが製作総指揮を担当し 「怪物はささやく」などの J・A・バヨーナが監督を務めた 2007年のスペイン・メキシコ…

映画「メッセージ」感想 完成度が高い作品 だからこそ重要な所での矛盾はもったいない

どうもきいつです SF映画「メッセージ」観ました テッド・チャンの短編小説 「あなたの人生の物語」を基にした作品 「ブレードランナー2049」などの ドゥニ・ヴィルヌーヴが監督を務めた 2016年のSF映画です 地球に現れた謎の飛行物体で飛来した 知的生命体…

映画「22年目の告白-私が犯人です-」感想 藤原竜也の使い方が完璧 ぶっ飛びサスペンス

どうもきいつです 日本のサスペンス映画「22年目の告白-私が犯人です-」観ました 韓国映画「殺人の告白」をリメイクした 2017年のサスペンス映画 「SR サイタマノラッパー」シリーズなどの 入江悠監督が手掛けた作品です 未解決のまま時効を迎えた 連続殺人…

映画「残穢(ざんえ)-住んではいけない部屋-」感想 ホラーというよりミステリー でも無理やりホラー

どうもきいつです 日本のホラー映画「残穢(ざんえ)-住んではいけない部屋-」 観ました 「チーム・バチスタの栄光」「予告犯」などの 中村義洋監督が 小野不由美のホラー小説を映画化した2016年の作品 とあるミステリー小説家が 読者の女子大生の部屋で起こる…

映画「十二人の死にたい子供たち」感想 いろんな意味で計算しつくされた作品 感心した

どうもきいつです ミステリー映画「十二人の死にたい子供たち」観てきました 沖方丁による同名のミステリー小説を 「トリック」「20世紀少年」などの堤幸彦監督が 映画化しました 自殺をするために集まった少年少女たちの 間で巻き起こる謎を描いたミステリ…

映画「ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち」感想 ティム・バートンらしい奇妙でなく微妙な映画

どうもきいつです ファンタジー映画「ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち」観ました みんな大好きティム・バートン監督の2017年の作品です 原作は「ハヤブサが守る家」という小説 ティム・バートンらしい、ホラーテイストのある ダークファンタジーな世界観…

映画「暗黒女子」感想 独特な空気感が悪くない ちょっと変わったサスペンス

どうもきいつです 「暗黒女子」観ました アマゾンプライムビデオで配信されていたので なんとなく観てみただけなんですが ハードルが低い状態で観たからなのか 結構面白かった でも、後から冷静になって考えるとツッコミどころが多い作品だとも思いました

映画「スマホを落としただけなのに」感想 観終えた後にスマホがあるか確認してしまいます

どうもきいつです 前から気になっていた映画だったので観に行ってきました 思ったより楽しめました 今やほとんどの人が持ってるであろうスマホ これをテーマにしたサスペンス映画です 今の時代にぴったりのテーマだと思います

映画「ビブリア古書堂の事件手帳」感想 ミステリーなのに犯人候補が1人しかいない ノスタルジーな雰囲気は心地良い

どうもきいつです 映画館のファーストデイでせっかく安くなるので何か観ようと思い映画館へ行ったんですが 特に観たいものが無く なんとなく名前を聞いたことのあるこの作品を観てみました