何もかもが滑稽

何もかもが滑稽

映画、漫画、アニメなどが好きで、その事についての感想、思ったことなどを書いています。 それ以外の事も時々書きます。

ホラー

映画「イレイザーヘッド」感想 いくらなんでもシュールすぎる まるで悪夢のよう

どうもきいつです ホラー?映画「イレイザーヘッド」観ました 印刷屋の主人公の周辺で起こる不可解な出来事を描いた1977年の作品シュールで難解なストーリーが不気味なモノクロ映像で表現されています 「エレファント・マン」などの鬼才デヴィッド・リンチの…

映画「新感染半島 ファイナル・ステージ」感想 もはやゾンビ映画ではない 最高!!

どうもきいつです ゾンビ映画「新感染半島 ファイナル・ステージ」 観ました 韓国で大ヒットを記録したゾンビパニック映画「新感染 ファイナル・エクスプレス」の4年後を描いた続編パンデミックを逃れ香港に渡った元軍人の男がゾンビの蔓延る半島でサバイバ…

映画「がっこうぐらし!」感想 誉めるところがない 全てが平均以下

どうもきいつです ホラー映画「がっこうぐらし!」観ました アニメ化もされ話題になった海法紀光と千葉サドルによるコミックを実写映画化したサバイバルホラー学校で生活する女子高生たちが生き残るためにサバイバルを繰り広げます 監督は「リアル鬼ごっこ」…

映画「サマー・オブ・84」感想 最後まで捻りがない 悪い意味で期待を裏切られた

どうもきいつです サスペンス映画「サマー・オブ・84」観ました 1980年代にオマージュを捧げた青春ドラマ1984年のアメリカ郊外を舞台に近隣で発生した連続殺人事件の犯人を突き止めようとする少年たちをノスタルジックに描いていますPKSSというユニット名で…

ドラマ「今際の国のアリス」感想 日本のドラマもやればできる

どうもきいつです サスペンスドラマ「今際の国のアリス」観ました 少年サンデーSと週間少年サンデーで連載されていた麻生羽呂による漫画「今際の国のアリス」を実写化したドラマ突如人々が消えてしまった東京23区を舞台に謎の“げぇむ”に参加させられてしまう…

映画「真・鮫島事件」感想 アイデアは面白いけどそれだけかな…

どうもきいつです ホラー映画「真・鮫島事件」観ました インターネット上で囁かれる都市伝説“鮫島事件”を題材に描かれたホラー映画鮫島事件の真相に触れようとする若者たちが呪いにより恐怖に襲われていきます 「心霊写真部 劇場版」「トモダチゲーム」など…

映画「誰も眠らない森」感想 面白くないような面白いような

どうもきいつです ホラー映画「誰も眠らない森」観ました 森へキャンプに訪れた少年少女たちが得たいの知れない何かに襲われる姿を描いたポーランドのスプラッターホラー2020年10月よりNetflixで配信されたNetflixオリジナル映画です 監督はバルトシュ・M・…

映画「ザ・グラッジ 死霊の棲む屋敷」感想 呪怨らしくて呪怨らしくない

どうもきいつです ホラー映画「ザ・グラッジ 死霊の棲む屋敷」観ました 清水崇が生み出したJホラー「呪怨」をアメリカで新たに映画化した作品死霊が棲む屋敷で起こる怪奇現象が描かれますハリウッドで製作された「呪怨」シリーズとしては4作目本作はシリーズ…

映画「超擬態人間」感想 やってることは面白いけどすごく見づらくてストレス

どうもきいつです ホラー映画「超擬態人間」観ました 赤子を抱える男の幽霊を描いた伊藤晴雨の幽霊画「怪談乳房榎図」に着想を得て幼児虐待をテーマに描いたホラー映画 監督は「狂覗」などの藤井秀剛です あらすじある朝、風摩は深い森の中で目を覚まし傍ら…

映画「ザ・ヴォイド」感想 王道だけどこういうの好き

どうもきいつです ホラー映画「ザ・ヴォイド」観ました 田舎の病院を舞台に謎のカルト集団や異形の何者かと相対することになった保安官の姿を描いた2016年のホラー映画 「ファーザーズ・デイ 野獣のはらわた」などのジェレミー・ギレスピーとスティーブン・…

映画「13日の金曜日」(2009年)感想 人がただ殺されるだけ でもこれでいいんだよ!!

どうもきいつです ホラー映画「13日の金曜日」観ました 1979年のホラー映画「13日の金曜日」を新たな解釈で甦らせた2009年のリメイク作品湖に訪れた若者たちが謎の男ジェイソンに命を狙われる恐怖を描いたスラッシャーホラーです 制作はオリジナル1作目を手…

映画「デッドコースター」感想 はじめの大クラッシュシーンだけで大満足

どうもきいつです ホラー映画「デッドコースター」観ました 変えられない死の運命に教われる人々の姿を描いたホラー「ファイナル・デスティネーション」の続編2003年のホラー映画です前作から1年後を舞台に事故を免れた男女9人に死神の魔の手が忍び寄ります …

映画「カウントダウン」感想 思ったよりベタなホラー 普通の面白さ

どうもきいつです ホラー映画「カウントダウン」観ました 自分の余命がわかるというスマホアプリをダウンロードしたことから逃れられない死の恐怖に襲われる若者たちの姿を描いたホラー映画 監督はジャスティン・デクドラマ「YOU -君がすべて-」などのエリザ…

映画「アダムス・ファミリー」(2019)感想 なんと言うか… すごく微妙…

どうもきいつです アニメ映画「アダムス・ファミリー」観ました チャールズ・アダムスによる名作コミックで1990年代には実写映画化され世界的ヒットをを記録した「アダムス・ファミリー」をアニメ映画化した作品丘の上で暮らすモンスター一家の不思議な日常…

映画「クライモリ」感想 つまらなくはないけど没個性

どうもきいつです ホラー映画「クライモリ」観ました 森に入り込んだ若者たちが森に住む謎の男たちに命を狙われる姿を描いた2003年のアメリカとドイツ合作のスプラッターホラースティーブン・キングがその年の年間ベスト1の映画に挙げた話題作 監督はロブ・…

映画「回路」感想 普通のホラーと思ってたら終盤はすごい展開に…

どうもきいつです ホラー映画「回路」観ました インターネットを介して奇妙な現象が巻き起こる恐怖を描いた2001年のホラー映画謎のサイトにアクセスした人たちが次々と姿を消していきます 監督は「カリスマ」などの黒沢清が務め出演するのは加藤晴彦、麻生久…

映画「コンジアム」感想 超怖かった 終盤の勢いが素晴らしい

どうもきいつです ホラー映画「コンジアム」観ました 韓国の有名な心霊スポットである実在する廃病院を舞台にした2018年韓国のホラー映画閉鎖された廃病院に訪れた若者たちが恐怖に巻き込まれていく姿をPOV形式で描かれています 監督はチョン・ボクシムが務…

映画「事故物件 怖い間取り」感想 やりたいことはわかるけど 方向性が間違ってる

どうもきいつです ホラー映画「事故物件 怖い間取り」観ました テレビ番組の企画で「事故物件住みます芸人」として実際に事故物件に住んできた松原タニシの実体験を記したノンフィクション書籍を映画化した作品テレビ出演のために事故物件に住み始めた若手芸…

映画「ドント・ブリーズ」感想 終始ハラハラドキドキで楽しめた 設定が新しくて面白い

どうもきいつです ホラー映画「ドント・ブリーズ」観ました 盲目の老人宅に強盗に入った若者たちが予期せぬ事態に巻き込まれていくスリラー映画全米でスマッシュヒットを記録した2016年の作品です リメイク版「死霊のはらわた」を手掛けたフェデ・アルバレス…

映画「呪われの橋」感想 シンプルだけどハイテンションなお化け屋敷映画で楽しい

どうもきいつです ホラー映画「呪われの橋」観ました とある大学の心霊スポットを舞台に肝試しを行う大学生たちを襲う恐怖を描いた台湾のホラー映画日本では2020年8月よりNetflixで配信されています 監督を務めるのはレスター・シーです あらすじとある大学…

映画「スレンダーマン 奴を見たら、終わり」感想 面白い題材を全く生かしきれていない

どうもきいつです ホラー映画「スレンダーマン 奴を見たら、終わり」観ました インターネット上で囁かれる都市伝説スレンダーマンを題材にした2018年のホラー映画とある動画を見たことをきっかけに高校生たちにスレンダーマンの魔の手が忍び寄る 監督はシル…

映画「トーク・トゥ・ザ・デッド」感想 そんなに悪くない まあ、ハードルは低かったけど

どうもきいつです ホラー映画「トーク・トゥ・ザ・デッド」観ました 病気の弟を死なせてしまった主人公が死者と話すことができるアプリを使うことで恐怖を味わう姿を描いた2013年のホラー映画 「リング0 バースデイ」「おろち」などの鶴田法男が監督を務めて…

映画「海底47m 古代マヤの死の迷宮」感想 前作を超える面白さ 最後までヒヤヒヤ

どうもきいつです パニック映画「海底47m 古代マヤの死の迷宮」観ました 2017年に公開された人食いザメの恐怖を描いたパニック映画「海底47m」の続編4人の女子高生が海底洞窟へのダイビングの途中巨大なサメに遭遇しまうパニックスリラーです 監督は前作「…

映画「ファイナル・デッドサーキット」感想 ストーリー性なんて全く無い 人が死ぬだけ

どうもきいつです ホラー映画「ファイナル・デッドサーキット」観ました 迫り来る死の恐怖から逃れようとする若者の姿を描いた「ファイナル・デスティネーション」シリーズの第4作目カーレース場での大惨事を予知したことから死の連鎖が始まります公開当時は…

ドラマ「呪怨:呪いの家」感想 いろんな意味で怖くて気持ち悪い これが呪怨の本質

どうもきいつです 連続ドラマ「呪怨:呪いの家」観ました 人気ホラー「呪怨」シリーズをNetflixでドラマ化した作品2020年7月より全世界で配信が始まっています1980年代から90年代にかけてを舞台にし郊外にある一軒の家に関わった人々の恐怖を描いています 監…

映画「透明人間」(2020年)感想 サスペンスというり、もはやホラー 見えないことが怖い

どうもきいつです サスペンス映画「透明人間」観ました H・G・ウェルズの小説「透明人間」を原作とし1933年に公開された映画「透明人間」を現代風にリブートした作品自殺した恋人が透明人間になって自分に近づいてくると感じる女性の恐怖を描いたサスペンス…

映画「遊星からの物体X」(1982年)感想 やっぱり造形のセンスが素晴らしい

どうもきいつです SF映画「遊星からの物体X」観ました 氷の中から発見されたエイリアンと南極基地の隊員との死闘を描いた1982年のSFホラー映画1951年の同名映画に続くジョン・W・キャンベルの短編SF小説「影が行く」の2度目の映画化作品です 「ニューヨーク1…

映画「ホーンテッド 世界一怖いお化け屋敷」感想 はじめはよかった でも、結局なんなの?

どうもきいつです ホラー映画「ホーンテッド 世界一怖いお化け屋敷」観ました 謎のお化け屋敷を舞台にしたホラー映画遊び半分でお化け屋敷にやってきた若者たちが殺人鬼による本物の恐怖に襲われていく姿を描いています 「ホステル」のイーライ・ロスが製作…

映画「オッド・トーマス 死神と奇妙な救世主」感想 スピーディーなテンポで楽しめる ちょっと内容薄すぎるけど

どうもきいつです ミステリー映画「オッド・トーマス 死神と奇妙な救世主」観ました ディーン・クーンツの小説「オッド・トーマスの霊感」を基に映画化された2013年のミステリーアクション映画霊感を持つ青年オッド・トーマスが町に起きようとしている惨劇を…

映画「キュア ~禁断の隔離病棟~」感想 期待を膨らますだけ膨らませといてオチが弱い

どうもきいつです サスペンス映画「キュア ~禁断の隔離病棟~」観ました 秘密を抱える療養所に足を踏み入れた青年に襲いかかる恐怖とその療養所の真実に迫る姿を描いた2016年のサスペンススリラー 監督は「ザ・リング」「パイレーツ・オブ・カリビアン」シ…