何もかもが滑稽

何もかもが滑稽

映画、漫画、アニメなどが好きで、その事についての感想、思ったことなどを書いています。 それ以外の事も時々書きます。

2018年公開映画 個人的なトップ10

 

どうもきいつです




そろそろ2018年も終わります

 

という事で
今年、日本で公開された
映画の中から
個人的にランキングを決めてみました



どれだけテンションが上がったか
どれだけ気持ちが昂ったか
どれだけその映画の事を考えたか

 

観終えた直後の気持ち重視で
決めてました






10位

「くるみ割り人形と秘密の王国」


これは、全然普通の映画
特別面白かったわけじゃない

でも、マッケンジー・フォイちゃんが可愛過ぎた
この可愛さだけでランクイン

とにかく、可愛いんですよ

映画自体もそんなに悪くはない
楽しめる作品です



9位

「デトロイト」


この映画は、観終えた後
めちゃくちゃテンションが下がった
しんどいくらい重苦しい映画

リアルさにとても恐怖を感じた
観終えた後のストレスがハンパない

でも、心に刻まれた
この映画を観て
いろいろ考えさせられました
観て良かったと思える作品です


8位

「ギャングース」


とにかく、主役3人が大好き
この3人をずっと見てたい

それだけでなく
全体的に面白かった
エンターテイメントとしても超楽しい

日本の闇の部分をリアルに描いている
というところもとても良かった

俳優もみんな素晴らしい演技でした



7位

「カメラを止めるな!」



今年、1番話題になった映画
ではないでしょうか

それだけの事はあって
やっぱり面白い

めちゃくちゃ笑いました

400席ほどのスクリーンが満席で
その中のみんなが爆笑してた

そんなことめったにないと思う
そんな貴重な経験ができた
映画でもあります



6位

「孤狼の血」


これは
カッコよかったし
激しかった
そして、俳優もみんな良かった

こういう映画は大好きです

とにかく、暴力的で男らしい

カッコいい男の生き様を描いた映画でした
シビれます
超テンション上がりましたね



5位

「ボヘミアン・ラプソディ」


もう、クイーンのファンになりましたよ
クイーンとフレディの
魅力と愛が詰まった作品

そして、音楽が素晴らしい

最後のライブシーンは圧巻でした
ホントに気持ちが昂りましたね

クイーン大好きです



4位

「来る」


超楽しかった映画
ホラーだけどホラーじゃない

最高のエンターテイメント作品でした

とにかく
登場人物、演出、展開
どれもがやりすぎ

めちゃくちゃハイになりました

最後のお祓いシーンは必見



3位

「ヘレディタリー 継承」


超怖かった
でも、とても面白い

個人的にオカルトホラーが好きなので
この映画も大好きです

怖いだけでなく
エンターテイメントな面白さも
十分あって
いろんな意味で楽しめました

ホラー映画の中でも
トップクラスで好きな作品



2位

「アベンジャーズ/インフィニティー・ウォー」


やっぱり最高ですね
大好きです

ヒーロー大集合ってだけで
めちゃくちゃ気持ちが上がるのに

映画としての完成度も
めちゃくちゃ高い

とにかく、最高の映画です

続編も待ち遠しい
早く観たい

12月のはじめまでは
この映画が1位だと思ってました



1位

「ドラゴンボール超 ブロリー」


これは、ドラゴンボールに感謝です

ドラゴンボールを観て
育った人間としては

この映画を作ってくれて
ありがとう
それしかないです

本当に気持ちが昂り
テンションが上がり
最後には感動をも超えた感情が
湧き出てきました





以上がトップ10でした

でも、全部素晴らしい作品だった
 
ランキングも
無理やり付けたようなもの

ホンマは全部1位です
順位なんか意味が無い



上記以外にも
今年は
面白い映画、個人的に好きな映画が
とても多かったです

「ブラックパンサー」「ヴァレリアン」「リメンバー・ミー」
「レディ・プレイヤー1」「ランペイジ」「万引き家族」
「デッドプール2」「アントマン&ワスプ」「ザ・プレデター」
などなど
これらも全部素晴らしい
全部面白い

これらも全部1位でいいでしょ
1位です


という事で
今年は1位の映画が多かった