何もかもが滑稽

何もかもが滑稽

映画、漫画、アニメなどが好きで、その事についての感想、思ったことなどを書いています。 それ以外の事も時々書きます。

映画「劇場版 仮面ライダージオウ Over Quartzer」感想 サプライズが多すぎる(笑) これぞ平成を締めくくるライダー祭り

f:id:kiitsu01:20190727010207p:plain

どうもきいつです


特撮映画「劇場版 仮面ライダージオウ Over Quartzer」観ました

2018年9月から放送を開始した
平成仮面ライダー20作目「仮面ライダージオウ」の劇場版
仮面ライダージオウこと常磐ソウゴの前に
強大な敵が現れる

「騎士竜戦隊リュウソウジャー THE MOVIE タイムスリップ!恐竜パニック!!」と2本立て上映です

 

www.nanimokamogakokkei.com

 

あらすじ
消滅の危機にある仮面ライダードライブを
救うために
1575年の戦国時代にやってきたソウゴたちは
かの有名な織田信長と出会う
そして、そんなソウゴたちの前に
歴史の管理者クォーツァーが立ちはだかる

 

感想
めちゃくちゃでカオスなすごい映画
平成仮面ライダーの集大成のような作品でした
予想外のサプライズも最高です

 

「仮面ライダージオウ」は毎週テレビで観ていて
今回の映画は
平成ライダーとして最後の劇場版ということで
楽しみにして観に行ってきました

 

ジオウについて話したいことが
いっぱいあるんですが
まずは同時上映のリュウソウジャーから

マジでつまらなかった

良い話っぽくしてるけど
なにをしてるのかが全然わかりせんでした
アクションもそんなに良くなかったし
すごく雑だった印象です

まあ、夏の映画では戦隊は
オマケみたいなものなので
そんなのはどうでもいいんですけどね

面白ければラッキーくらいの感じです
今回はハズレだったってだけ

 

そしてここからは本題の仮面ライダー

今回のジオウ劇場版は
今までの仮面ライダー映画の中でも
特出してすごく変な映画でした

一言で言ってしまえばカオス
なんかめちゃくちゃなんですよね

ストーリーは全然筋が通ってない
全ての登場人物の目的が意味不明
ウォズのメタ的な発言
終盤のライダーたちの乱戦
そして、あの人が登場のサプライズ

正直言って映画として形がなってない

で、それがダメなのかと言うと
全然そうじゃない
むしろ完璧な映画だと思う


この映画は
平成仮面ライダーの締めくくりだからできた映画
仮面ライダージオウだからできた映画なんですよ

もしこれを仮面ライダービルドやエグゼイド
とかでやっていたとしたら
絶対に成功するはずがない
ただのクソ映画にしかならないと思う

仮面ライダージオウという作品の
作風があってこその
今回の劇場版だと思います

テレビシリーズのジオウは
歴代仮面ライダーが登場するというだけあって
かなりめちゃくちゃな内容

一応全体の大きな道筋はあるものの
それぞれが独立した世界観の仮面ライダーが
登場するということもあり
まあ、ごちゃごちゃな内容なんです

しかも、登場する仮面ライダーの
オリジナルの設定をもすっ飛ばしたような
出し方とかもしたりするので
さらにおかしなことになってしまってる

そもそも、テレビでのジオウも
かなりカオスなんですよね


そんな仮面ライダージオウだからこそ
今回のぶっ飛んだ内容が完全にマッチしてるんです

 

その中でも特にぶっ飛んでいたのは
ストーリーです

本作のストーリーはカオスどころじゃない
完全にストーリーを捨てています

前半は一応話の流れはあります
しかし、後半になると意味不明
敵の目的は最後まで謎だし
味方も何がしたいのかがわからない
ただ戦ってるだけなんですよ

前半もストーリーがあるにはあるけど
すごくテキトーで
真面目に語る気なんてさらさら無いように思う


で、それらがストーリー作りに
失敗しただけなのかな
とも思えてしまうんですけど

本作の結末を見ると
はじめからしっかりしたストーリーなんか
作る気が無かったように感じるんですよ

変にカッコつけた感動的な話とか
伏線がどうだとかの物語みたいな
小手先のことは全て捨てて

この映画には意味なんてないんですよね
物語の中にメッセージなんて込められていない

ただ平成仮面ライダーでバカ騒ぎしよう
って内容なんです
本作は平成仮面ライダー祭りに徹したんじゃないかと
思いました


2018年冬の仮面ライダー映画
「仮面ライダー平成ジェネレーションズFOREVER」は
個人的にはあまり好きじゃなかった

それは中途半端に良い話にしようとしてたり
面白いストーリにしようとしていて
それが失敗していた上に
それのせいでお祭り要素が
薄れてしまっていたから


しかし、今回の映画は
前回の平成最後の劇場版以上に
平成最後の仮面ライダーをやっていました

 

そして、本作で最もテンションが上がるのは
平成仮面ライダーを限界まで詰め込んだ内容

平成主役ライダーは
もちろん全員出てくるんですが

今回はオマケで変な仮面ライダーが
いっぱい出てくる

忘れ去られていたであろうあの仮面ライダーや
こんな奴出す?って仮面ライダーから

あのクウガにはさすがに笑いました

そして、まさかのあの人までが登場する
確かにあれも平成ライダーかも
ライダーではないか

こういうサプライズがすごく楽しいし
めっちゃ笑ってしまうし
今までにない試みでもあってすごく良かった

このサプライズもカオスな作品だから
できたことですよね

 

それと、今回の敵仮面ライダーもすごく面白い
このチョイスにはセンスを感じるし
なんか納得させられます

敵ライダーは3人登場するんですが
それぞれのモチーフになってる仮面ライダーが
すごく面白いんですよ

仮面ライダーバールクスはブラックRX
仮面ライダーゾンジスはZO、J、新
仮面ライダーザモナスはアマゾンズ

それらをモチーフに作られたライダーで
名前はアナグラムで文字を入れ替えて
作られています

このモチーフになってるライダーが
絶妙ですよね
どれも平成に生まれた仮面ライダーなのに
平成ライダーにカウントされていないという

平成に取り残された
可哀そうな仮面ライダーたち

敵の目的が曖昧というのもあって
自分たちを仲間外れにする平成ライダーに対する
やっかみで嫌がらせをしてるようにも見えて
ちょっと可愛くも思える

敵が一体何者なのか
ということはすごく曖昧なんですが
結局この映画ではそんなことは
許されてしまう

敵にすら意味なんてないんですから

 

そして、ソウゴの仲間ウォズも
すごく良い存在感を出していました

もともと不思議なキャラクターではあるんですが
本作では第4の壁をぶち壊していたり
メタ的なギャグ発言があったりと
とても面白いキャラに仕上がっています

ウォズのそういうところが
この映画の中でも上手く機能していて
映画を飽きさせない要素になっていたと思う

ソウゴがオーマフォームに変身した時の
お約束のいつもの「祝え!」ってやつも
すごく気持ちが昂りましたね
待ってました!!って感じです

この映画ではいつも以上にウォズが
輝いていました

 

めっちゃ褒めまくりましたが
万人が楽しめる映画ではないですよね

映画としては完全に破綻してるような内容で
最低限仮面ライダーが好きでなければ楽しめない

でも、好きであれば最高の映画だと思う
平成仮面ライダーでお祭り騒ぎを
しただけの作品ですが
だからこそすごい作品に仕上がった

アラサーくらいの仮面ライダーファンなら
最高にハイになれる映画だと思います

平成仮面ライダーありがとう!!

 


仮面ライダージオウ Blu-ray COLLECTION 1