何もかもが滑稽

何もかもが滑稽

映画、漫画、アニメなどが好きで、その事についての感想、思ったことなどを書いています。 それ以外の事も時々書きます。

映画「騙し絵の牙」感想 確かに騙された 予告に…

f:id:kiitsu01:20210403222155p:plain

どうもきいつです


ドラマ映画「騙し絵の牙」観ました

「罪の声」などで知られる塩田武士による小説映画化した作品
廃刊危機にある雑誌の編集長が
陰謀が渦巻く中で起死回生のため
奇策に打って出る姿を描いたサスペンスドラマ

監督は「桐島、部活やめるってよ」などの吉田大八
主演を務めるのは大泉洋です

 

あらすじ
大手出版社の薫風社は社長の急逝により
次期社長の座をめぐって権力争いが勃発する
そんな中、専務の東松による改革で
雑誌が次々と廃刊へ追いやられ
カルチャー誌トリニティも例外ではなかった
編集長の速水は新人編集者の高野を巻き込み
雑誌を存続させるための策を仕掛ける

 

感想
予告で煽ってるほど騙し合いバトルって内容の映画ではない
あの予告を信用し過ぎると期待はずれかも
でも、テンポよく進む物語には引き込まれる
山あり谷ありで意外な展開があったりもして
面白い内容です
終盤は勢いが落ちて若干退屈

 

公開が1年近く延期になり
映画館に行く度に予告だけをひたすら見せ続けらえた本作
やっと公開されたで観に行ってきました

予告では
騙し合いバトルだとか
全員が嘘をついてるだとか
そういう感じにすごく煽られていますが

実際に観てみると
そこまでそんなタイプの映画ではありません

確かに権力争いで
それぞれの思惑が渦巻いたり
足の引っ張り合いがあったり
予想外の展開が用意されてたり

予告と全く違うわけではないんですが
ちょっと予告は過剰ですね

客引きをしなきゃならないのはわかりますけど
これじゃあ悪いギャップが生まれてしまう
予告でちょっとハードルを上げすぎてるかな…

 

とは言え
そんな変な期待さえ抱かなければ
普通に楽しめるエンターテイメント映画だと思います

全体的にテンポは良いし
次々と物語が展開していくので
どんどんこの映画に見入っていきます

騙し合いみたいなのを推してる映画だけど
内容は結構シンプルでそんなに難しい映画でもない

それぞれの思惑はわかりやすく描かれていて
今誰がどんなことを企て実行しようとしているのかも
かなり丁寧に説明してくれます

誰もが楽しめる大衆向けエンターテイメントととしては出来の良い作品だと思う
気軽に観ても全然楽しめる映画

 

主人公の速水のキャラクターもなかなか良くて
この映画の魅力の1つでもあります

お気楽な雰囲気の人ではあるけど
言葉の節々に毒があったり
飄々として何を考えているかわからなかったり
でも、そこまで悪人には見えなかったりと

掴み所が無いけども
どこか人を惹きつける魅力のある人物です

やっぱり
この人物像に大泉洋がぴったりとハマっていたんだと思う

大泉洋じゃなかったら
このキャラに魅力はあったんだろうか?
と思ってしまうほど
それほどハマり役だったと思います

そもそも、原作者が大泉洋をイメージして作ったキャラなので
ハマるのはあたりまえではありますが

 

キャラクターの魅力や物語の仕掛け
わかりやすさなどで
面白い映画であることは間違いありません

ただ、微妙なところがあるのも否めない

観終えた後にそこまで爽快感がなかったかな
とも思わされました


基本的にテンポは良いですし話も面白いんですけども
いまひとつ感動はできなかったかもしれません
あまり感情が揺さぶられなかった

この映画の出来事が全部他人事のようで
正直言ってしまうと
この人たちがどうなろうと別にどうでもいい

登場人物がとても多いですけど
あまり誰にも感情移入できなかった

1番観客に近い目線の高野でさえ
そこまで感情移入できない


社内の抗争や速水の画策など
ストーリーの仕掛け重視で
人間ドラマや人物描写がとても薄かったように思います

結局、それぞれがどういう気持ちで行動しているのかはあまり見えてこなくて
出来事だけを見せられているような

淡々とエピソードを見せられているだけの映画だったのかもしれません

 

ただ、ドラマが薄かろうが
有無を言わさぬほど物語の仕掛けが面白ければ
全く文句はないんですが

そっちもそこまですごいことにはなっていない

むしろ終盤になるとちょっと弱い
最後のほうは少し退屈なんですよね…

本作の1番のどんでん返しはラストのちょっと手前で
そこからエンドロールまではダラダラと話が進んで尻すぼみ
これで終わり?
ってラストになってしまってます

予告であれだけ煽っていたからには
もっとすごいラストを見せてほしかったですよね…

意外と
伏線を張り巡らせて後半に回収
みたいな映画でもなかったので
最後にカタルシスを感じれる場面もありませんでした

あっさりとしてて観やすくはあるんですけども
やっぱり物足りないですよね

物語の仕掛けで見せるのなら
もっと複雑な伏線回収や予想外のどんでん返しは用意してもらいたかった

 

あと、もう1つ思ったのが
この映画が何の話だったのかがぼんやりしてる

最後まで観ると
結局この映画って何をメインに見せたかったのかな?
と少しモヤモヤとしてしまいました

破天荒な主人公の姿なのか
新人の成長物語なのか
企業の内部抗争なのか
謎解きサスペンスなのか

この映画ってどれがメインなの?


これは全部詰め込みすぎた結果なんじゃないかと思う
どれも見せたかったから詰め込んで
結果的にどれも中途半端になったしまったって感じ

どれか1つを軸にしてメインに置いておけば
ストレートに何かが伝わる作品になっていたと思います


人間ドラマも薄いけど中途半端に詰め込んでるし
だからこそ謎解きの部分はそのせいで弱くなってる

キャラクターに関しては
速水が主なのか高野が主なのか
どっちつかずでブレブレ

企業の抗争にしたって
そこまで深く触れていないから
なんかチープな争いになっていて重みなんて全然無いし


全体的に全ての要素が薄い印象
あまり重いメッセージもないし
エンターテイメントとしてもちょっと爽快感が無いし

かなりフワフワした映画になってしまっている
ぼやけた映画なんですよ


こんなことになるのなら
予告で煽っているような
騙し合いバトルで徹底した映画のほうが方がよかったかもしれないですね

人間ドラマなんてカットして
嘘つき同士のぶつかり合いだけのほうが面白そう

実はいい人とか若手の成長とか
そんなのは無くていいから
騙し騙されの手数を多くして
観客をもっと驚かすような映画でよかったかもしれないですね

 

多少文句は言いましたが
それなりに楽しめる映画ではありました

大泉洋が主演というだけで
この映画は魅力的になっています

気楽に観るエンターテイメントとしては
面白い映画になっていると思います

 


桐島、部活やめるってよ (本編BD+特典DVD 2枚組) [Blu-ray]