何もかもが滑稽

何もかもが滑稽

映画、漫画、アニメなどが好きで、その事についての感想、思ったことなどを書いています。 それ以外の事も時々書きます。

映画「勝手にふるえてろ」感想 痛々しい狂気の女に共感する

 

f:id:kiitsu01:20190511010327p:plain

どうもきいつです



恋愛映画「勝手にふるえてろ」観ました

 

芥川賞作家の綿矢りさの恋愛小説を
実写映画化した2017年の作品
突然告白してきた職場の同僚と
中学時代から片思いしていた同級生との
間で揺れ動く女性の恋の行く末を
描いています

 

「放課後ロスト」などの大九明子が
監督を務め
主演は松岡茉優です





あらすじ
初恋相手のイチを忘れられない
24歳の会社員ヨシカは
ある日、職場の同期の二から告白される
初めての告白に舞い上がるヨシカだが
二との関係にいまいち乗りきれず
同窓会を開きイチとの再会を
計画する



感想
自分は男なのに
ヨシカの気持ちがわかり過ぎる
あらためて自分がこじらせてることを
実感させられた



なかなか評判が良かったので
前から観ようと思っていた映画

原作は全然知らないし
どんな内容なのかも
いまいち知らずに観たんですが

これがなかなかパンチの強い映画でした
面白かった


恋愛映画なんですが
全然甘いラブストーリーではなく
むしろ泥臭いような

てか、恋愛ではないのかもしれない
人と人とが繋がる話では無く
それ以前の
1人の人間が現実社会と繋がるまでの話
だと思いました


この物語は
ヨシカという女性が恋愛を通して
心地よい自分の中の世界から
自分の思い通りにならない
現実の外の世界へ
一歩踏み出すまでの物語です

この映画で描かれている
ヨシカの人物像は

完全に自分の殻に閉じこもり
心の中では
ベラベラと饒舌に喋りますが
現実ではそんなに喋らない
友達も少ないような人間

妄想の中の初恋相手に
理想を抱き
現実世界の人間には見向きもしない

でも、それが心地よく
そんな内向的な世界に
入り浸っている人間です
彼女は完全に歪んでいます


でも、これって
共感できる人は
めちゃくちゃできると思うんです
しかし、できない人は全然できないと思う

僕は完全にできる側ですね
共感できると言うか
こんな人間です
ここまで酷くはないと思いますが


このヨシカの気持ちがわかるかどうかで
この映画が好きかどうかも
変わってくると思います


ヨシカに共感できなければ
ヨシカがただのキモくて
ウザい女にしか見えないと思うし

彼女の苦悩や奇行
妄想の世界
自分勝手に空回りしている言動
これらが愚かにしか見えないと思う
コイツ何やってんだろう?
と理解できないかもしれない

この女嫌い
と思ってしまうんじゃないでしょうか


でも、こちら側の人間ならば
それらがいちいち
心にぐさりと刺さる
そして、笑えるし
勇気も貰える


ヨシカの理想の妄想世界が
崩れ出してきてからは
観ている側も同じく
心をかき乱されるし
不安定な気持ちが共感できる

これは、自分の殻に閉じこもっている人なら
誰しも経験することだと思う

自分の理想の世界が崩れ出すと
何にすがればいいのかもわからなくなり
とても孤独になる
自分の無力さも思い知るし
欲しいものは
何も手に入らなくなるんじゃないか
と不安に駆られる

でも、そういうことを
乗り越えることで
成長することができ
社会と繋がる事ができる
という事をこの映画では描いている



それにしても

街中でいろんな人と
機嫌よく話していたのが
実は全部妄想とか
同窓会での何とも言えない
居心地の悪さとか
初恋の人が自分の名前を
おぼえていなかっただとか

いちいち心に刺さる
痛々しいシーンがすごく多かった

この映画を観ていると
つらかった時がぶり返してくる
そんな気持ちになりました

ヨシカという存在自体が
痛々しいこじらせ女子なので
彼女を見ているだけで
何とも言えない気持ちになる


ただ、それだけでなくて
なかなか笑える映画でもあります

ヨシカの目の付け所や
さり気ない一言とかは
笑えます

なんかひねくれてるんですよね
こういう子は
こんなこと言いそうだな
と思えます

痛々しいシーンも
コミカルに描かれてたりもするんで
そこもクスッと笑えますし

二の痛々しい言動や
ちょっとずれてる感じも笑えました


笑いの場面と痛々しい場面が
メリハリになっていて
緩急があり最後まで飽きませんでした



こういうものを描きつつ
人間の成長も見せてくれる

心をかき乱されながらも
ヨシカは
自分自身や外の世界と向き合い
戦っている

そういうのがとてもグッとくるし
勇気が貰えます


ラストのヨシカが吐く
「勝手にふるえてろ」
という言葉は
ヨシカが自分自身に吐き捨てた言葉
でもありますが

映画を観ている自分たちに
投げかけられた言葉のようにも
感じました



そして、それもこれも
松岡茉優の演技が素晴らしかったから
生きているんだと思う

とにかく松岡茉優が
完璧にイタい女を演じていました

普通にキモく見えるしウザく見える
あの独特な早口も
どこかにいそうな喋り方
テンションの浮き沈みの表現も
すごく良かったし

可愛いはずの松岡茉優が
良い意味で可愛く見えませんでした

終盤の気持ちが爆発してしまってからは
ヤバい奴感がすごく出てたし
ヨシカの狂気を完全に出してました

この映画は
松岡茉優の独壇場でしたね
すごかった

前から好きな女優でしたけど
この映画を観てさらに好きになりました



個人的には
かなり共感できるし
心に刺さった映画でした
映画としても楽しめましたし
とても好きな作品になりました




勝手にふるえてろ(初回生産限定盤) [Blu-ray]