何もかもが滑稽

何もかもが滑稽

映画、漫画、アニメなどが好きで、その事についての感想、思ったことなどを書いています。 それ以外の事も時々書きます。

映画「ミッション:8ミニッツ」感想 面白いSFだけど 名作にはなれなかった

f:id:kiitsu01:20190711022517p:plain

どうもきいつです


SF映画「ミッション:8ミニッツ」観ました

列車爆破事故の犯人を見つけるべく
犠牲者が死亡するまでの8分間の意識に入り込み
爆破前の列車内を追体験していく男の姿を
描いた2011年のSFサスペンス

「月に囚われた男」などの
ダンカン・ジョーンズが監督を務めています

 

あらすじ
シカゴで乗客が全員死亡する列車爆破事故が起こり
事件を解明すべく政府の極秘ミッションが始動する
爆破犠牲者が死亡する8分前の意識に入り込み
犯人を見つけ出す人もの遂行のため
軍のスティーブンス選ばれ
事件の真相に迫るため何度も8分間を繰り返す

 

感想
最初からスピード感があって
最後まで楽しめるサスペンス
ちょっと強引なところもあるけど
そんなに気にならない
面白い映画でした

 

タイトルは知っていたんですが
いまいち内容も知らずに
なんとなく観てみた映画です

内容はよくあるタイムリープものの
SFサスペンスなんですが

なかなかテンポが良くて
先の展開もそんなに読めないので
最後まで楽しんで観れた作品でした

 

まずはストーリー展開なんですが

サスペンスとして
とてもいい流れで見せてくれます

はじめは全く意味が分からない謎の状況で
そこから話が進むにつれ全貌が掴めてきます
そしてラストに向かってストーリーが
加速していく

主人公のスティーブンス自身が
全く無知の状態で物語が始まり
彼が徐々に謎の真相に迫っていく
というストーリー展開なので

観ている側もとても感情移入しやすく
いつの間にか映画の中に没頭して
入り込む事ができます


それに、ただ物語の謎が解けるだけで
終わりにはなっていなくて

終盤は全ての真相が解明されてからの
そこから主人公がどう行動するのか?
というものも見せてくれるので
さらに盛り上がります

システムの垣根を超えての
主人公が起こす奇跡には
カタルシスを感じるし感動できます

 

そして、タイムリープの見せ方も
なかなか面白いと思います

昔からこんな映画はたくさんあって
「恋はデジャブ」「バタフライエフェクト」
「オール・ユー・ニード・イズ・キル」など

どれも、同じ時間を繰り返して
何か目的を達成しようとする話

この映画も基本的に同じで
主人公のスティーブンスが
同じ時間を繰り返す中で
列車爆破の犯人を見つけ出そうという話

さすがにそれだけじゃ
やりつくされてる感があるしマンネリなんですが

本作ではさらに
8分間の同じ時間を繰り返す
という限定条件が加わっているおかげで
他の作品との差別化もできています


この8分間の制限があるおかげで
タイムリミットが生まれてメリハリができます

時間が迫ってくる緊張感や
ギリギリになるとスリルも生まれてきて
より映画に引き込まれてい行きます


大体こんな作品って
何度も繰り返すことによって
段々と内容もダラけてきて
中だるみしがちですが

本作は8分間の制限がある事で
最後までそんなに中だるみの無く
面白く観る事ができました

 

とは言え
とても強引な映画というのは
否めないんですよ

細かいところが雑というか…

そこがもっと作り込まれていたら
この映画は名作になっていたかもしれない


僕が特に気になったのは
スティーブンスの言動があまりにもバカすぎる
ただの脳筋野郎になってしまってる

犯人探しが基本暴力だよりで
知性のかけらも無く
見ていてちょっとあきれてしまいます

もっと良いやり方なかったの?
と思ってしまう
もっと頭を使って行動してほしかった

何回も同じ時間を繰り返しているんだから
前回の8分間を次の8分間のために
消費するとか
何回も繰り返すことで
上手く立ち振る舞えるようになるとか

そんなのを見せてほしかったんですけど

実際はスティーブンスが暴力で脅して
何かを聞き出そうとしたり
思い込みだけで強行突破するだけだったり

しかも、それが最後まで続いてしまうので
すごくバカっぽい映画に見えてしまいました

もう少し知的な駆け引きや
頭の良い時間の使い方を
見せるべきだったんじゃないかと思います

 

それに、ミステリー要素も少し弱くて
もうちょっと作り込まれていたらな
とも感じました

犯人の存在が唐突な気もするし
爆弾の見つけ方もあっさりし過ぎで
こういう部分でも知的な演出が欲しかったです

犯人に繋がる伏線とか
すこしずつ謎を解いて真相に迫っていくとか
そういう描写が全く無かったのは
もったいない

 

他にも
設定が結構テキトーだったりする

過去の人間の意識に入るというシステムが
どういう原理なのかはすごく曖昧だし
なぜスティーブンスでなければならなかったのかも
フワッとぼやかされている


過去の世界に関しては
過去の人間の意識を使って作られた世界なのに
その外側であろうものにまで
接触できてしまうのもいまいち納得できません

例えば列車の外に行けてしまったり
そもそも、爆弾や犯人も
意識の外側の存在だと思えるし


ラストの結末に関してもなぜそうなったのか
という説明は全く無くてちょっと腑に落ちない

ラストは
主人公の精神世界でしたとか
パラレルワールドでした
という風に考えれば納得はできるかもしれませんけど…


こういう部分に
ちょっと無理やりだったとしても
何かしらの理屈があれば納得して
観れたとは思います

 

そして
本作の結末に関しては賛否あると思います

僕的にはちょっと説明的過ぎかな
とも思ってしまいました

この終わり方も
とても爽やかで良い終わりだと思います

でも、列車の中で時間が止まる場面で
終わっていたほうがカッコよかったな
って思ってしまうのは否めないです

確かに親切でわかりやすく
感動的なラストではあるんですが

ここで、もっと攻めた終わり方をしていれば
記憶に焼き付くインパクトのある映画になって
名作と呼ばれていたかもしれない

 

全体的に面白い映画だったので
細かい部分は
そんなに気にはならないんですが

そこさえ作り込めば
名作になりえたのかもと思うと
とてももったいない映画ですね

面白いけど
名作にはなりきれなかった映画でした

 


ミッション:8ミニッツ [Blu-ray]