何もかもが滑稽

何もかもが滑稽

映画、漫画、アニメなどが好きで、その事についての感想、思ったことなどを書いています。 それ以外の事も時々書きます。

映画「ミュウツーの逆襲 EVOLUTION」感想 リメイクと言うより、もはやクローン

f:id:kiitsu01:20190716224858p:plain

どうもきいつです


アニメ映画「ミュウツーの逆襲 EVOLUTION」観ました

1998年公開のポケットモンスターの劇場版アニメ第1作目
「劇場版ポケットモンスター ミュウツーの逆襲」を
フル3DCGアニメとしてリメイクした作品

自分を生み出した人間たちへの
逆襲を決意したミュウツーと
それに挑む主人公サトシの姿を描いたアニメ映画

これまで数々のポケモンアニメを手掛けてきた
湯山邦彦と
「ルドルフとイッパイアッテナ」などの
榊原幹典の2人が監督を務めています

 

あらすじ
最強のポケモンを作りたいという人間のエゴのために
幻のポケモンのミュウの化石から
生み出されたミュウツーは自分の存在意義も
わからないまま兵器として実験を繰り返される
そして、人間に憎悪の念を抱いたミュウツーは
復讐を決意する
一方、旅を続けるサトシの前に
招待状を持ったカイリューが現れる

 

感想
全作を忠実に3DCG化した
ほとんどクローンのような作品
懐かしさはあるけども…
リメイクの必要性を感じらませんでした
何がEVOLUTIONなのか…


僕はドンピシャの初代ポケモン世代で
ゲームもめっちゃハマってたし
アニメも観ていました
もちろん「ミュウツーの逆襲」も
映画館まで親に連れていってもらいました

それほど思い入れのある作品が
リメイクされると聞いて
とてもワクワクして観に行ってきました


そして、リメイクだからこその変化や
タイトルにもなっている通り
どう進化した作品になっているのか
期待していたんですが

ただ表現が3DCGになっているというだけで
内容はほぼ同じです

ストーリーだけでなく
セリフや演出
映像の構図などもほぼ同じだと思う


余計な要素を追加したり
物語を変化させなかった事を
大絶賛している人もいますが

それってリメイクの意味ある?
と疑問が生まれてしまいます

今の時代にこの作品を蘇らす理由
というものが全く感じられない作品でした

 

ただ、内容が全く同じでも
オリジナルが1998年の作品です

今の技術力の進歩で映像面での進歩を
見せつけることはできるはず

しかし、本作はかなりレベルの低い
3Dアニメなってしまっていました
正直言って今の時代にこのレベルは
無いと思う

それぞれの質感表現なんてほとんどなく
全てが同じ質感に思えますし
キャラクターの動きや表情はとても固い
全然滑らかさが無いです

自然の描き方もかなり稚拙
空気感の表現は弱くて全てが均一だし
水や草花もただのCGにしか見えない
自然に生き生きとしたものを感じれないんですよね

CGのクオリティが一昔前なんです
今の時代のピクサーやイルミネーションなどの
3Dアニメを知ってしまっている人が観れば
明らかに本作はショボすぎる


全体的に映像のクオリティが
ゲームのムービー以下の出来だったと思います
ファイナルファンタジーとかのほうが
よっぽど映像技術が高いですよ


それに、この映画を観る前に
「トイ・ストーリー4」を観ましたし
少し前に公開していた「名探偵ピカチュウ」も
観ていたので
やっぱりそこと比べてしまいます

大金がつぎ込まれている世界レベルの作品と
比べるのはおかしいと思うかもしれませんが
3Dアニメで勝負するということは
それらと絶対比べられてしまうわけで

日本のアニメだからって甘く見るのはおかしい

作り手側もあえて2Dから3Dへ変更して
この映画を作っているんだから
そこと勝負する気持ちもあったと思う

世界を視野に入れてるからこそ
世界的に主流な3Dアニメにしてるだろうし
この作品を世界に知ってもらおうと作ってるのかな
とも思いました

もし、その気持ちが無かったとしたら
ちょっとバカすぎますけども…


なので、内容を全く同じにするなら
それなりにすごいものを見せてくれないと
納得はできませんよ

この程度のクオリティの映像なら
オリジナルのほうが良かったな
って思ってしまいます

むしろ、オリジナルのほうが
アニメとしての魅力は格段に上だと思うし

 

話は戻って
この作品がオリジナルとほぼ同じ内容
ということなんですが

ここまでクローンのように同じにするのはどうなのかな
と疑問に思えてしまいます


まず、オリジナルが内容の変更を
必要としないほどの
非の打ち所の無い名作なのかいうと
全然そんなことはありません

子供向けのアニメ映画としては
少し深い内容だったかもしれませんが
所詮はテレビアニメの延長線上のアニメ映画

粗い部分はとても多い
展開が強引すぎるし
それぞれの登場人物の目的も曖昧
理解できないところも多々ある

この映画は名作として神格化されてるけども
それは、ポケモンへの思い入れや
子供の頃のいい思い出だったから

大人になった自分が本作を観ることで
やっぱり所詮は子供向けアニメだと
思い知らされました


だからこそ、リメイクするにあたって
オリジナルの悪かったところや欠点を
改善して作り直すべきだった

脚本は改善して練り直すべきだし
演出なんかももっとうまく見せる事ができるはず

昔にできなかったけど
今ならできる事がたくさんあるはず
それをするからリメイクには意味があると思うんですよ


それにこの映画は今の子供たちにも
向けられている映画でもある

だったら、昔のポケモンばかり出さずに
今の新しいポケモンもたくさん出すべきだったと思う

オリジナルには初代のポケモンしか
出てないわけですが
今は2019年です
今の時代だからこその「ミュウツーの逆襲」にするなら
そこって結構重要だと思うんですよ

オリジナルと違うと文句を言う人もいるでしょうが
そんな懐古的なオジサン、オバサンは
無視で結構だと思う
そんな人たちはただ思い出に浸りたいだけなので
オリジナルのDVDでも観てればいいんです


正直、オリジナル版は今観ると
ポケモンが少なすぎてすごく地味
でも、今はポケモンが
めちゃくちゃたくさん増えてるわけです

その中には画面に映えるようなポケモンもいるし
特殊な能力を持ってるポケモンも増えてる

昔は少ない中から登場ポケモンを
選んでいたでしょうが
今はよりどりみどりなわけです

そんなにたくさん増えたポケモンを
リメイクでなぜ出さないのか

ポケモンシリーズが20年以上積み重ねてきたものを
ここで出さずにいつ出すんだよ!!


せっかく「ミュウツーの逆襲」を新たに作り直すなら
お祭り映画みたいな作り方でも
良かったんじゃないかとも思う

もっといろんなポケモンをたくさん出して
いろんな世代のポケモンファンを
楽しませてくれる映画にしてほしかった

ポケモンが多いだけで画面は映えるし
とても豪華に見えてたはず


本作を観て喜んでるのは
ほとんどが子供の頃に「ミュウツーの逆襲」を
観ていたオジサン、オバサンだけだと思う

今の子供が観れば
ポケモンが少な過ぎで
とても地味に見えてるんじゃないでしょうか

 

それもこれも
結局は作り手側の怠慢ですかね

1から作品を作るのは手間だから
過去の名作をそのままリメイクすれば
ある程度客は入るだろし
3Dアニメにすれば海外からも注目されるかも
くらいの浅はかな気持ちで作られてそうな気がします

志が低いので
脚本も演出もそのまま
最近のポケモンも出さない

考えるのがめんどくさいから
オリジナルをただ3Dアニメに置き換えただけの
クローンみたいな作品になってしまった


過去の名作さえリメイクすればお前ら泣けるんだろ?
と、観客側の自分たちが舐められてるようで
この映画には全然好感が持てません

 

この映画は面白いかどうか以前の問題
リメイクの意味を全くなしていない作品です

「ミュウツーの逆襲」を懐かしみたいなら
オリジナル版で十分だし
今の子供たちは来年のポケモン映画に
期待してください

映画の内容同様で
むやみにクローンは作るべきではないですね

 


ポケットモンスター「ミュウツーの逆襲/ピカチュウのなつやすみ」【劇場版】 [DVD]